タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60565100 
科目名   音楽学研究C  
担当教員   吉川 文  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   音フォノテ   開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修選択科目A2、中等教育教員養成課程音楽専攻選択科目A4 
備考   
ナンバリング   133341 
ねらいと目標 音楽学の諸問題に対する理解を深める。 
内容 西洋音楽史、音楽理論等と関連するテーマを扱う文献講読と研究発表。 
テキスト 授業時に適宜配布する。 
参考文献 久保田慶一編『キーワード150 音楽通論』(アルテスパブリッシング)
久保田慶一編『音楽用語の基礎知識 これから学ぶ人のための最重要キーワード100』(アルテスパプリッシング)
椎名亮輔編『音楽を考える人のための基本文献34』(アルテスパブリッシング)
その他、隋時紹介する。 
成績評価方法 授業への参加度、授業時の発表内容や資料準備などを含めて総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 第1週のガイダンス時に、授業のスケジュールについて確認する。
研究発表を中心に、必要に応じて文献講読等を織り交ぜながら進める。
内容
1音楽の諸問題 資料の確認
2発表とディスカッション①
3発表とディスカッション②
4発表とディスカッション③
5文献購読とディスカッション①
6発表とディスカッション④
7発表とディスカッション⑤
8発表とディスカッション⑥
9文献購読とディスカッション②
10発表とディスカッション⑦
11発表とディスカッション⑧
12発表とディスカッション⑨
13文献購読とディスカッション③
14発表とディスカッション⑩
15文献購読とディスカッション④
授業時間外における学習方法 研究発表に関連する資料収集、文献の確認等が必要となる。 
授業のキーワード 音楽史 音楽学  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的に対面での授業とするが、受講者の状況にできる限り対応しながら授業を進める。 
その他 初回の授業において、授業スケジュール等を決定するので、初回授業に必ず出席すること。出席が難しい場合には事前に連絡すること。  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.