タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60564900 
科目名   音楽学研究A  
担当教員   吉川 文  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   作曲室   開講学期   秋学期  
曜日・時限   火5   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修選択科目A2、中等教育教員養成課程音楽専攻選択科目A4 
備考   
ナンバリング   131341 
ねらいと目標 西洋音楽史、音楽学研究の基礎について学ぶ。 
内容 西洋音楽史や音楽理論などと関係づけられる様々な問題を、具体的な作品を通して考える。受講者各人がそれぞれ興味をもつ作品について研究発表を行う。 
テキスト 授業時に適宜配布する。 
参考文献 佐藤望編著『アカデミック・スキルズ 大学生のための知的技法入門』(第3版)慶應義塾大学出版会
市古みどり編著『アカデミック・スキルズ 資料検索入門』慶應義塾大学出版会
久保田慶一著『音楽の文章セミナー プログラム・ノートから論文まで』音楽之友社
久保田慶一編著『音楽史を学ぶ 古代ギリシャから現代まで』教育芸術社
その他、隋時紹介する。 
成績評価方法 授業での発表内容、資料準備などから総合的に判断する。 
授業スケジュール(展開計画) 第1週のガイダンス時に、授業のスケジュールについて確認する。
音楽史に沿ったテーマと、各自自由に選んだ作品それぞれについての発表を行う。
内容
1音楽史と音楽 資料の確認
2講義とディスカッション
3発表とディスカッション①
4発表とディスカッション②
5発表とディスカッション③
6発表とディスカッション④
7発表とディスカッション⑤
8発表とディスカッション⑥
9発表とディスカッション⑦
10発表とディスカッション⑧
11発表とディスカッション⑨
12発表とディスカッション⑩
13発表とディスカッション⑪
14発表とディスカッション⑫
15発表とディスカッション⑬
授業時間外における学習方法 研究発表では配付資料やスライドを適宜使用するので、そのための準備を行う。参考文献所載の様々な方法を利用して資料を集める。 
授業のキーワード 音楽学 音楽史 楽曲分析  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的に対面での授業とするが、受講者の状況にできる限り対応しながら授業を進める。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.