タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60563600 
科目名   作曲研究B  
担当教員   山内 雅弘  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   作曲室   開講学期   秋学期  
曜日・時限   月5   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修選択科目A2、中等教育教員養成課程音楽専攻選択科目A4 
備考  奇数年度のみ開講 
ナンバリング   132342 
ねらいと目標 作曲に必要な理論を研究・実習し、それぞれの学生に応じた課題作成・作品実作を行う。 
内容 ・作曲理論に関する講義
・バロック・古典の名曲の分析
・個別の課題指導(和声課題、フーガ作曲、編曲、いろいろな編成の作曲実習など、それぞれの学生のレベルと希望に応じた課題を設定し、実習していく。) 
テキスト 特に指定しない。 
参考文献 必要に応じて紹介する。 
成績評価方法 学期末の課題提出50%、平常授業での課題への取り組み20%、作曲講義への出席30% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1本授業の授業計画
2課題の実習(各自の課題設定)
3課題の実習(第1回目の確認)
4作曲講義(1)音楽史の時代区分とバロック時代の音楽について
5課題の実習(第2回目の確認)
6作曲講義(2)バロック時代の作曲家と作品
7課題の実習(課題の中間報告)
8作曲講義(3)古典派の作曲家と作品 ハイドンの作品を中心に
9課題の実習(第3回目の確認)
10作曲講義(4)古典派の作曲家と作品 モーツァルトの作品を中心に
11課題の実習(第4回目の確認)
12作曲講義(5)古典派の作曲家と作品 ベートーヴェンの作品を中心に
13課題の実習(第5回目の確認)
14課題の実習(課題の最終確認)
15授業のまとめ
授業時間外における学習方法 各自で課題のテーマ、内容を決めて自己のペースで進めていく。進める過程で疑問が生じた場合などは、授業時間以外でも対応する。  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 1年時の作曲法を履修済みであること。
また、音楽科以外の学生の履修も可能だが、その場合は基本的な楽典の知識を持っていることが条件となる。  
学生へのメッセージ 個別課題はそれぞれが選択した課題を各自のペースで進めます。意欲的に取り組めばそれだけ進みが早くなりますので、積極的に取り組んで下さい。また、複数の課題に同時に取り組むことも可能です。  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 第1回、第4回、第6回、第8回、第10回、第12回の授業については対面授業で行う。
第2回、第3回、第5回、第7回、第9回、第11回、第13回、第14回の授業については、zoomによるオンラインで行う。  
その他 作曲法Ⅰ・Ⅱに於いて、和声法及び編曲法を良く理解しておくこと。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.