タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60563400 
科目名   管弦打実技Ⅱ  
担当教員   山本 訓久,中村 千鶴  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   音106    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修選択科目A2、中等教育教員養成課程音楽専攻選択科目A4 
備考   
ナンバリング   133342 
ねらいと目標 管弦打楽器の進んだ段階における奏法を習得する。 
内容 各管弦打楽器に分かれて演習を行なう。授業形態は、個人レッスンおよび少人数によるグループレッスンによる。 
テキスト 授業中に指示する。 
参考文献 なし 
成績評価方法 平常点(出席状況、積極的に課題をこなしているか等)、学期末に試験を行なう。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1さらに進んだ段階の奏法に関する演習(1)
※基本は対面レッスンとするが、状況により遠隔など臨機応変に対応するため、その都度教員の指示に従うこと。
2さらに進んだ段階の奏法に関する演習(2)

3さらに進んだ段階の奏法に関する演習(3)
4さらに難易度の高い教則本に従った演習(1)
5さらに難易度の高い教則本に従った演習(2)
6さらに難易度の高い教則本に従った演習(3)
7難易度(中)の独奏曲による演習(1)
8難易度(中)の独奏曲による演習(2)
9難易度(高)の独奏曲による演習(3)
10難易度(高)の独奏曲による演習(4)
11アンサンブル(含ピアノ)の演習(1)
12アンサンブル(含ピアノ)の演習(2)
13アンサンブル(含ピアノ)の演習(3)
14アンサンブル(含ピアノ)の演習(4)
15授業のまとめ、実技試験及び実技試験での問題点提起
授業時間外における学習方法 毎回出される課題を次回までにしっかり練習し、準備しておくこと。 
授業のキーワード 個人あるいはグループによる実技の授業。 
受講補足(履修制限等) 管弦打楽器をより専門的に学ぶ実技の授業である。 
学生へのメッセージ 実技の授業であり、基本的にひとりずつ課題をこなしていく。それぞれの進度は異なるが、事前の練習が肝要である。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的に対面で行うが、状況によっては遠隔もあり得る。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.