タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60562700 
科目名   基礎ピアノ実技Ⅲ  
担当教員   石橋 美由紀,佐々木 明美,安田 里沙,椎野 伸一  
対象学年   2年   クラス   54  
講義室   ピアノ室    開講学期   春学期  
曜日・時限   金5   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修選択科目A2 
備考   
ナンバリング   132342 
ねらいと目標 様々な楽曲の分析、演奏を通してピアノの演奏技術を学ぶ。 
内容 ピアノの基礎的な演奏法からより高度な作品の演奏研究までを段階的に学ぶ。(実技形式のため、受講者数を制限する場合がある。)  
テキスト 授業時に必要に応じて指示する。 
参考文献 テーマに応じて随時紹介する。 
成績評価方法 実技レッスン形式なので、出席および授業態度を重視し、評価する。また、演奏試験を行う。 
授業スケジュール(展開計画) ピアノ作品、および小中学校,高等学校の授業運営に必要とされる伴奏法などを、それぞれ個々の学生の進度に応じて取り上げる

1 ピアノ演奏の基礎(練習曲1)
2 ピアノ演奏の基礎(練習曲2)
3 ピアノ演奏の基礎(練習曲3)
4 ピアノ演奏の基礎(バッハ作品)
5 ピアノ演奏の基礎(バッハ作品)
6 ピアノ演奏の基礎(バッハ作品)
7 ピアノ演奏の応用(古典1)
8 ピアノ演奏の応用(古典2)
9 ピアノ演奏の応用(ロマン派1)
10 ピアノ演奏の応用(ロマン派2)
11 ピアノ演奏の応用(近現代1)
12 ピアノ演奏の応用(近現代2)
13 ピアノ演奏の応用(伴奏法・初見1)
14 ピアノ演奏の応用(伴奏法・初見2)
15 まとめ
 
授業時間外における学習方法 事前の準備にきちんと時間を費やし、授業後も新たな課題とともに復習を必ず行うこと。 
授業のキーワード ピアノ演奏法、ピアノ指導法、アクティブ・ラーニング 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 演習はグループレッスンの形をとる。他の学生のレッスンもよく聴き、耳を育て芸術的表現方法について共通する諸問題を探ってほしい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他 〇全ての授業を対面と遠隔を併用して行う。(各担当教員との話し合いにより方針を決める。)
〇新型コロナウイルスの感染状況により、遠隔のみとなる可能性がある。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.