タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60562600 
科目名   ソルフェージュⅡ  
担当教員   國土 潤一  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   音講2     開講学期   秋学期  
曜日・時限   月2   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修選択科目A2、中等教育教員養成課程音楽専攻選択科目A4 
備考   
ナンバリング   131342 
ねらいと目標 ソルフェージュⅠで学んだことを発展させ、更に難易度の高い楽譜の読み方や解釈法などを学ぶ授業である。 
内容 ソルフェージュⅠをさらに発展させた、ソルフェージュの教材を用いたクラス単位授業 
テキスト 適宜 
参考文献 動律法については水嶋良雄「グレゴリオ聖歌」(音楽之友社)が参考になる。 
成績評価方法 授業や課題への取り組み等と試験の双方を鑑み50%ずつで評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1後期のオリエンテーション「モーツァルトの《アヴェ・ヴェルム・コルプス》のラテン語歌詞説明」
2モーツァルトの《アヴェ・ヴェルム・コルプス》を使っての実習 1 指揮・ピアノ・各パートを分担しての実習
3モーツァルトの《アヴェ・ヴェルム・コルプス》を使っての実習 2 歌詞と音との関係の考察
4モーツァルトの《アヴェ・ヴェルム・コルプス》を使っての実習 3 四声体の意味
5モーツァルトの《アヴェ・ヴェルム・コルプス》を使っての実習 4 仕上げ
6グレゴリオ聖歌を用いた演習 1 動律法の解説
7グレゴリオ聖歌を用いた演習 2 動律法の実践
8グレゴリオ聖歌を用いた演習 3 リーダーと歌唱者に分かれての実習①
9グレゴリオ聖歌を用いた演習 4 リーダーと歌唱者に分かれての実習②
10グレゴリオ聖歌を用いた演習 4 リーダーと歌唱者に分かれての実習③
11弾き歌い その1 読譜・練習法の確認
12弾き歌い その2 年間を通じての演習の応用①
13弾き歌い その3 年間を通じての演習の応用②
14確認と試験
15まとめ
授業時間外における学習方法 適宜授業中に課題を提示する 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他 コロナ感染推移をみて、シラバス内容を含めた授業方法の変更を弾力的に行う。変更についてはウェブクラスのタイムライン等で順次配信するので、受講者は見落としの無いようにすること。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.