タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60562000 
科目名   基礎声楽実技Ⅲ  
担当教員   大野 徹也  
対象学年   2年   クラス   52  
講義室   声楽室     開講学期   春学期  
曜日・時限   月5   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修選択科目A2 
備考   
ナンバリング   132342 
ねらいと目標 【ねらい】基礎声楽実技Ⅰ、Ⅱで学んだ発声法等をふまえ、イタリア歌曲、日本歌曲を中心に、無理のない発声とディクションによる歌曲の歌唱法を会得する。
【目標】安定した発声で、イタリア歌曲や日本歌曲等を、ピアニストとのアンサンブルを意識しながら演奏することができる。 
内容 ・基礎声楽実技Ⅰ、Ⅱで学んだ事をもとに、イタリア歌曲、日本歌曲等を中心に声楽の基礎的な演奏法を段階的に学ぶ。
・個人あるいは少人数によるグループの形態で、個人の声種、進度、レベルにあった教材を用いて歌唱の基本を強化していく。 
テキスト イタリア歌曲、日本歌曲等の中から、個人の能力に応じてその都度指定する。 
参考文献 その都度指示する。 
成績評価方法 積極的授業参加度50%および歌唱試験の成績50%で評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1基礎的な歌曲歌唱技術習得のための演習(1)(身体の使い方、呼吸法)
2基礎的な歌曲歌唱技術習得のための演習(2)(声区に関する説明)
3基礎的な歌曲歌唱技術習得のための演習(3)(パッサッジョ付近の音の処理)
4イタリア歌曲歌唱演習(1)(音程、リズム、発音)
5イタリア歌曲歌唱演習(2)(意味解釈、曲想)
6イタリア歌曲歌唱演習(3)(ピアニストとのアンサンブルをより深める)
7イタリア歌曲歌唱演習(4)(暗譜による仕上げ)
8日本歌曲歌唱演習(1)(音程、リズム、発音)
9日本歌曲歌唱演習(2)(意味解釈、曲想)
10日本歌曲歌唱演習(3)(ピアニストとのアンサンブルをより深める)
11日本歌曲歌唱演習(4)(暗譜による仕上げ)
12応用歌曲歌唱演習(1)(音程、リズム、発音)
13応用歌曲歌唱演習(2)(意味解釈、曲想、ピアニストとのアンサブルをより深める)
14応用歌曲歌唱演習(3)(暗譜による仕上げ)
15授業のまとめ及び歌唱試験
授業時間外における学習方法 発声練習、歌唱練習は毎日積み重ねること。レッスンには、しっかり読譜(歌詞の意味や発音を調べ、作品の内容を把握)した状態で臨むこと。 
授業のキーワード アクティブ・ラーニング、グループ学習、発表会 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他 〇主に個人あるいは少人数によるグループの形態をとり、それぞれの受講生の進度に応じて教材やスケジュールを調整して進めていく。
〇基本的に対面で行うが、新型コロナの感染状況により,遠隔の可能性もある。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.