タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60561600 
科目名   指揮法  
担当教員   山本 訓久  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   音ホール     開講学期   春学期  
曜日・時限   木2   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程音楽選修必修科目、中等教育教員養成課程音楽専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   132342 
ねらいと目標 教育現場での音楽科の授業における合唱、合奏およびアンサンブル指導に有効な指揮法についての基礎的技術を系統的に習得する。 
内容 指揮法の技術習得と同時に、楽曲分析にポイントを置き和声・フレーズ等の分析を行う。分析することで音楽作品の構成を理解し、それを指揮法の技術と合致させる。 
テキスト 山本訓久:新版『学ぼう指揮法 Step by Step 』(アルテスパブリッシング刊) 
参考文献 『ブルクミュラーで指揮法入門』(アルテスパブリッシング)、齋藤秀雄『指揮法教程』、高階正光『指揮法入門』、小松一彦『実践的指揮法』、山田一雄『指揮の技法』(以上、音楽之友社) 
成績評価方法 平常点(授業内で合唱や合奏を指揮した際の習熟度等)および学期末に試験を行なう。授業に2/3以上出席していないと期末試験は受けられない。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1平均運動
2平均運動としゃくい
3叩き
4叩きの2拍子
5叩きの3拍子、4拍子
6さまざまなテクニックの総合
7引掛け
8アウフタクト
9フェルマータ
106/8拍子
11混合拍子
12rit.などによる分割
13合唱の指揮
14アンサンブルおよび合奏の指揮
15授業のまとめ、実技試験及び実技試験での問題点提起
授業時間外における学習方法 楽曲の分析と指揮の仕方について予めテキストを読み、練習しておく。 
授業のキーワード 指揮、合唱、合奏、楽曲分析 
受講補足(履修制限等) 授業を履修するにあたって用意するもの:指揮棒、4B黒鉛筆、赤青鉛筆、消しゴム 
学生へのメッセージ 一人ひとりが指揮台に立ち指揮をする実践的な授業である。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的に対面で行うが、状況によっては遠隔もあり得る。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.