タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60560200 
科目名   音楽授業実践演習  
担当教員   田中 正雄  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   音講1     開講学期   秋学期  
曜日・時限   金4   単位区分   必修,選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程音楽専攻教科・教職(専攻SE、初等教育教員養成課程音楽選修教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   133342 
ねらいと目標 様々な音楽教育実践を参観したり授業構想を練ったりして、初等・中等音楽科教育の指導と実際を学ぶ。 
内容 小学校・中学校・高等学校の音楽科授業を参観し、小・中・高の音楽科教育の実際を通して指導内容や指導法を学ぶとともに、各領域・分野のねらいと関連性、本時の展開の方法、評価のあり方について考える。参観した授業についてレポートをし、自らの授業展開を工夫し発表する。また、本授業の学びを振り返り、これからの音楽科教育のあり方について協議し自らの考えをまとめてレポートする。 
テキスト 改訂版 最新「初等科音楽教育法」初等科音楽教育研究会編 音楽之友社 2,000円+税
改訂版 最新「中等科音楽教育法」中等科音楽教育研究会編 音楽之友社 3,000円+税 
参考文献 小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 音楽編 文部科学省
中学校学習指導要領(平成29年告示)解説 音楽編 文部科学省 
成績評価方法 授業参加状況・レポート 60%  まとめの課題 40% 
授業スケジュール(展開計画) ・大学外での小学校・中学校・高等学校の授業参観
・研究大会への参加
・授業参観後のレポート作成と発表、模擬授業
・授業構想の提案
内容
1オリエンテーション、この授業のねらい
2学校における音楽科の位置づけ・示範授業
3様々な音楽授業実践について
映像記録による授業研究
4小学校または中学校の音楽科授業の参観 レポート作成・考察①
5小学校または中学校の音楽科授業の参観 レポート作成・考察②
6参観した小学校または中学校の音楽科授業についてのグループ討議・考察のまとめ
7中学校または高等学校の音楽科授業の参観 レポート作成・考察①
8中学校または高等学校の音楽科授業の参観 レポート作成・考察②
9参観した中学校または高等学校の音楽科授業についてのグループ討議・考察のまとめ
10教師のための様々な研修方法やその実践
11歌唱領域についての考察と授業構想の提案
12器楽領域についての考察と授業構想の提案
13音楽づくり・創作領域についての考察と授業構想の提案
14鑑賞領域についての考察と授業構想の提案
15これからの音楽科教育についてのまとめ
授業時間外における学習方法 授業参観後、授業についてレポートを作成する。
参観した授業を参考に自分の授業展開を構想する。
音楽科教育のあり方について自分の考えをまとめる。 
授業のキーワード 授業参観と考察、授業構想の提案、模擬授業 
受講補足(履修制限等) 可能であれば、附属学校が実施する公開授業等への参加を考えている。 
学生へのメッセージ 教育実習での経験を生かし、授業に対するより深い考察と授業設計を期待する。 
実務経験のある教員による科目 この講義は、附属高等学校(大泉校舎を含む)の勤務経験がある教員が担当する。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面での授業を予定しているが、内容によってはオンデマンド方式による映像配信での遠隔授業が含まれる場合がある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.