タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60102630 
科目名   中等音楽科教育法Ⅲ  
担当教員   森尻 有貴  
対象学年   2年   クラス   52  
講義室   音講1     開講学期   春学期  
曜日・時限   月2   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程音楽専攻中学校各教科指導法 
備考   
ナンバリング   122341 
ねらいと目標 中学校・高等学校で音楽科指導を行う際し,創作や表現の学習について必要な指導法並びに指導内容を学ぶ。 
内容  本科目を通して,中等音楽科教育が目指す音楽指導の在り方やその実際を学び,創作や鑑賞,その関連付けについて指導法や必要な知識を得る。受講者を半分に分け,創作指導を学ぶグループと鑑賞を中心に学ぶグループと前半後半で交代する。 
テキスト 中学校・高等学校教員養成課程用 最新 中等科音楽教育法 2017/18年告示「中学校・高等学校学習指導要領」準拠(2019 音楽之友社) 
参考文献 中学校学習指導要領・音楽(平成29年3月告示 文部科学省)
高等学校学習指導要領芸術科「音楽」(平成30年3月告示 文部科学省)

授業内容に応じて、参考文献を適宜紹介する。 
成績評価方法 各活動や演習、ディスカッション、模擬授業などへの参加態度や状況(50%)、レポート・指導案指導案作成(50%)から評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション・創作指導と鑑賞指導の概要     
2創作1:拍とリズムの即興表現
鑑賞1:音楽の要素と〔共通事項〕
3創作2:旋律の創作
鑑賞2:鑑賞と表現の往還の視点
4創作3:音素材やPCを用いた創作
鑑賞3:日本の音楽の鑑賞
5創作4:和音をいかした創作
鑑賞4:世界の音楽の鑑賞
6創作5:創作の模擬授業(A班・B班)
鑑賞5:教材研究と指導案作成
7創作6:創作の模擬授業(C班・D班)
鑑賞6:鑑賞の模擬授業
8創作7:創作指導のまとめと発表
鑑賞7:鑑賞の模擬授業とまとめ
9鑑賞1:音楽の要素と〔共通事項〕
創作1:拍とリズムの即興表現
10鑑賞2:鑑賞と表現の往還の視点
創作2:旋律の創作
11鑑賞3:日本の音楽の鑑賞
創作3:音素材やPCを用いた創作
12鑑賞4:世界の音楽の鑑賞
創作4:和音をいかした創作
13鑑賞5:教材研究と指導案作成
創作5:創作の模擬授業(A班・B班)
14鑑賞6:鑑賞の模擬授業
創作6:創作の模擬授業(C班・D班)
15鑑賞7:鑑賞の模擬授業とまとめ
創作7:創作指導のまとめと発表
授業時間外における学習方法 レポート作成にあたり,協働して取り組んだり、自分自身の考えをまとめたりし,発表できるように準備をする。
それぞれの講義内容を受け,自分なりに授業を展開する方策を試案できるようにする。
創作指導の内容や方法を活用して,教育実習等にも生かすようにする。 
授業のキーワード アクティブ・ラーニング、チームアプローチ、学習指導要領、ICT活用 
受講補足(履修制限等) A類音楽科の学生は森尻担当の授業、B類音楽科の学生は酒井担当の授業へ履修登録をすること。本授業は2名の教員によって実施し、前半後半で受講内容及び授業担当者が入れ替わる。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面授業を基本とし、一部遠隔授業を行う場合がある。詳細はオリエンテーションにて通知する。 
その他 リコーダー等必要に応じて各自準備すること。
使用については,その都度連絡する。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.