タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60102620 
科目名   中等音楽科教育法Ⅱ  
担当教員   中地 雅之  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   音講1     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程音楽専攻中学校各教科指導法 
備考   
ナンバリング   121341 
ねらいと目標 (1)中学校・高等学校の授業で行う、器楽の学習指導、教材に関して演習を行いながら検討する。
(2)ピアノ伴奏及び弾き歌いの基礎的な技術を学び、教育実習を含めた教育実践に対応できるようにする。 
内容 (1)グループによる器楽アンサンブル、関連楽曲の鑑賞、発表などの活動を通じて、器楽の学習と指導のあり方を省察する。
(2)中学校・高等学校の音楽科教科書に掲載されている楽曲と合唱コンクールで取り上げられる楽曲を主な教材として、生徒と音楽活動を行う場面を想定した演習を行いながら、効果的な伴奏について考える。 
テキスト 授業内で指示する。  
参考文献 『最新 中等科音楽教育法[改訂版] 中学校・高等学校教員養成課程用』『最新 初等科音楽教育法[改訂版] 小学校教員養成課程用』音楽之友社 (2011)
 
成績評価方法 授業での課題への取り組み、レポート、まとめの課題から総合的に評価する。遅刻欠席は減点の対象となる。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2ミュージックベル
3トーンチャイム
4器楽アンサンブル(1)選曲・パート分担
5器楽アンサンブル(2)編曲
6器楽アンサンブル(3)表現の工夫
7器楽アンサンブル(4)グループ発表・相互評価
8器楽アンサンブル演奏発表
9基本的なコードの理解と簡易伴奏
10コード伴奏と弾き歌い(1)
11コード伴奏と弾き歌い(2)
12歌唱教材とピアノ伴奏
13ピアノ伴奏と授業の展開(1)指導案の作成と模擬授業
14ピアノ伴奏と授業の展開(2)模擬授業
15発表とまとめ
授業時間外における学習方法 グループごとに器楽アンサンブル選曲を行うので、必要な楽譜、編曲、個人練習などを授業外に行ってください。ピアノ伴奏は、課題を事前に練習してから受講するようにしてください。 
授業のキーワード (1)器楽、合奏、アンサンブル
(2)ピアノ伴奏、合唱 
受講補足(履修制限等) 本授業は、ティームティーチングにより、複数の指導者が担当する。クラスをAとBに分け、各担当教員(中地・石川)が7回ずつ授業を受け持つ。【注意】1A音の人はこちらのクラスに登録をしてください。1B音と1A 音以外の人は石川先生のクラスに登録をしてください。第1回から8回は1B音を中地が、1Aを石川先生が担当することになります。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式で実施します。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.