タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-情報教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60641800 
科目名   ICT教授学習支援演習B  
担当教員   森本 康彦  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   研究室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程情報教育選修選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース選択科目B 
備考  奇数年会説 
ナンバリング   133322 
ねらいと目標 自身による専門的な内容を含む研究に従事し,その成果をまとめ発表することができる。
 
内容 ICT活用教育,eポートフォリオ/学習記録データ,学習評価,プログラミング教育,情報モラル教育,等に関する先行研究の調査,及び,受講者の研究テーマや研究内容の洗練,研究手法の理解と習得を目指して,研究活動を行っていきます。  
テキスト 必要に応じて随時提示します。 
参考文献 必要に応じて随時提示します。 
成績評価方法 授業参加度(50%),課題の内容(50%)などを総合的に評価します。 
授業スケジュール(展開計画) 第1回目:ガイダンス
第2回目:輪読,議論(1)
第3回目:輪読,議論(2)
第4回目:輪読,議論(3)
第5回目:輪読,議論(4)
第6回目:輪読,議論(5)
第7回目:輪読,議論(6)
第8回目:輪読,議論(7)
第9回目:輪読,議論(8)
第10回目:輪読,議論(9)
第11回目:輪読,議論(10)
第12回目:輪読,議論(11)
第13回目:輪読,議論(12)
第14回目:輪読,議論(13)
第15回目:まとめ
 
授業時間外における学習方法 日々研究室に通い、仲間と協働し「研究」という真正な学びを行う必要があります。 
授業のキーワード ICT活用教育,eポートフォリオ/学習記録データ,学習評価,プログラミング教育,情報モラル教育
 
受講補足(履修制限等) 卒業研究指導教員の指導を受けて履修してください.
 
学生へのメッセージ ゼミ形式で行う日々の学習を楽しみながら真摯に取り組んでください。 
実務経験のある教員による科目 〇 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) Teamsを用いた同期的な遠隔授業で行います。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.