タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-情報教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60641500 
科目名   社会情報学演習B  
担当教員   和田 正人  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   研究室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程情報教育選修選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース選択科目B 
備考  奇数年度のみ開講 
ナンバリング   133322 
ねらいと目標 情報教育の卒業研究に向けて、実際に卒論のデザインを作成する
 
内容 毎回自分のテーマにあった論文の概要をプレゼンする。
 
テキスト 小笠原喜家(2018)最新版 大学生のためのレポート・論文術 講談社現代新書
 3年生12月からの卒論作成のスケジュールが書いてあるのでこれを参考にして自分の卒論作成のスケジュールがたてられる。また、参考文献の書き方が書いてあるので、直前にも役立つ。 
参考文献 1. 小林雄一郎 (2020)Rによる教育データ分析入門.オーム社(自分でデータを入れてみる)
2. アメリカ心理学会(2011)APA論文作成マニュアル 第2版.医学書院(英語の文献を読むときに参照する)
3. American Psychological Association (2020)Publication Manual of the American Psychological Association: The Official Guide to APA Style.American Psychological Association; 7版
4.豊田秀樹(2016)はじめての統計データ分析. 朝倉書店
5. 豊田秀樹(2015)紙を使わないアンケート調査入門.東京図書(google+でのアンケートの方法)
6. 中嶌洋(2015)初学者のための質的研究26の教え.医学書院(質的研究を行ないたい人のため)
7. 田中敏, 山際勇一郎 (1992)ユーザーのための教育・心理統計と実験計画法―方法の理解から論文の書き方まで. 教育出版; 新訂版.( 学術論文のデータ記載の意味を理解するため)
8.大谷尚(2019)質的研究の考え方―研究方法論からSCATによる分析まで―.名古屋大学出版会,

授業中にも指示する 
成績評価方法 授業内の発表及び参加状況を評価する。

 
授業スケジュール(展開計画) 1.オリエンテーション
2.-14. 自分のテーマに合った学術研究論文を3編毎回プレゼンする。。
15.まとめ
詳細なスケジュールはWebClass参照
 
授業時間外における学習方法 毎回学術論文3編の概要を発表するので、発表と発表に間に3編の論文を読んでまとめる必要がある。 
授業のキーワード 卒業論文、批判的検討、アクティブ・ラーニング 
受講補足(履修制限等) 東京学芸大学図書館の学術論文データベースを利用する。
WebClassを利用する。 
学生へのメッセージ 大学院博士修士4年生との合同ゼミとするのこの時間外にも行う可能性がある。 
実務経験のある教員による科目 高等学校教諭 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) コロナ濃厚感染者及びコロナ陽性者が出た場合は遠隔で実施する。 
その他 WebClassに詳細を記載する。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.