タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-情報教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60640800 
科目名   情報数学基礎  
担当教員   嘉村 友作  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S202    開講学期   春学期  
曜日・時限   月5   単位区分   必修  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程情報教育選修必修科目 
備考   
ナンバリング   131324 
ねらいと目標 情報科学を学ぶにあたり、数学の基礎が不可欠である。本講義では離散数学に焦点を当て、集合、論理、再帰、グラフについて学び、情報科学におけるあらゆる分野の理解に必要な基本を身につけることを目標とする。  
内容 集合、写像、関係式、論理演算、グラフ、アルゴリズム解析 
テキスト 守屋悦朗著「離散数学入門」サイエンス社(2006年初版) 
参考文献 藤重悟著「離散数学(岩波講座 応用数学 基礎12)」岩波書店(1993)
M.Sipser著 太田和夫、田中圭介監訳「計算理論の基礎 原著第2版 1.オートマトンと言語,2.計算可能性の理論,3.複雑さの理論」共立出版(2008) 
成績評価方法 出席状況、演習課題の提出状況、最終試験の結果によって評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1基本的な数学概念1
集合、関数、濃度
2基本的な数学概念2
命題、述語、論理演算、文字列
3数学的帰納法と再帰的定義
自然数、数学的帰納法の公理と原理、再帰的定義、バッカス記法(BNF)
4関係1
2項関係、同値関係
5関係2
順序
6グラフ1
基礎事項、表現方法、連結性
7グラフ2
オイラーグラフ、ハミルトングラフ、2部グラフ、木、平面グラフ
8グラフ3
グラフに関するアルゴリズム
9論理とその応用1
論理式、論理回路
10論理とその応用2
ブール関数
11アルゴリズムの解析1
漸近記法、分割統治法
12アルゴリズムの解析2
順列、組合せ
13アルゴリズムの解析3
確率
14問題演習
15まとめ
授業時間外における学習方法 講義で説明した内容を毎回必ず復習すること。 
授業のキーワード 集合、関数、論理演算、グラフ理論 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式で行なう。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.