タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-情報教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60640600 
科目名   授業におけるICT活用  
担当教員   森本 康彦  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N204    開講学期   春学期  
曜日・時限   月5   単位区分   必修  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程情報教育選修必修科目 
備考   
ナンバリング   132324 
ねらいと目標 授業の到達目標及びテーマ
・教育の情報化におけるICT活用の意義について理解する。
・授業でICTを活用するための知識と技術的スキルについて習得する。
・授業でICTを活用することのメリットとデメリットを理解し,有効活用するための工夫ができる。
・他の教師や児童・生徒がICT活用できるようサポートするファシリテーターとしての役割を担うための知識と技術的スキルを習得する。
・学校全体でICTを活用するための組織・コミュニティづくりの方法について知る。
 
内容 現在,小・中・高等学校の全ての教科等においてICTの活用が求められている。本授業では,実際に自分が授業の中でICTを活用できるだけでなく,学校の情報化に貢献しICT活用を推進するファシリテーターとしての役割を担えるための知識と技術的スキルを身に付ける。よって,実際にICTを活用し,仲間とのディスカッションなどを通しながら実践的に学んでいく。
 
テキスト 授業時にプリント配布またはWebページ等を示します。
 
参考文献 授業時に適宜参考図書および参考資料について示します。
 
成績評価方法  授業レポート(2回)と継続的な授業への参加・貢献度などのパフォーマンス評価(自己評価および相互評価を通して評価する)をそれぞれ均等な割合で統合的に評価し成績とします。
 
授業スケジュール(展開計画) 授業計画
第1回:オリエンテーション
第2回:ICTとは何か, ICTの役割について
第3回:ICT活用の基盤となる学習理論
第4回:授業におけるICT活用の本質について
第5回:ICTを活用した実践事例
第6回:ICT活用と主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)
第7回:授業におけるICT活用の現状と問題点
第8回:ICTを活用した実授業の観察学習
第9回:ICTを活用する授業のデザイン
第10回:ICTを活用する授業における評価方法
第11回:ICT活用実習①
第12回:ICT活用実習②
第13回:ICT活用と学習記録データ(eポートフォリオ)
第14回:これからの学校におけるICT活用の展望
第15回:まとめ
 
授業時間外における学習方法 WebClassを用いて予習/復習課題を提示します。
 
授業のキーワード ICT活用,電子黒板,実物投影機,タブレット端末,eラーニング,eポートフォリオ,教育方法,学習・評価理論,21世紀スキル
アクティブ・ラーニング,チームアプローチ
 
受講補足(履修制限等) 特になし 
学生へのメッセージ 今後、ICTを授業等で活用していくために必ず知っておきたいことについて学びます。
より積極的に授業に参加することを希望します。 
実務経験のある教員による科目 〇 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 模擬授業等は対面で行います。
その他の知識獲得の授業は、オンデマンド動画を用いた非同期授業を適宜取り入れます。 
その他 毎時間、WebClassとTeamsなどのICTを活用します。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.