タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-情報教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60640500 
科目名   教育と情報  
担当教員   藤原 裕  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   メディア   開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程情報教育選修必修科目、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース選択科目B 
備考   
ナンバリング   131324 
ねらいと目標 教育の情報化の概要(基本的な考え方、社会的な背景、現状と課題、今後の可能性について)種々の資料や事例をもとに、体系的に理解する。
情報教育専攻の学生にとっては、今後の研究テーマを見いだす契機の一つとする。 
内容 教育の情報化について基礎的・基本的な事項を理解するとともに、学習指導要領や情報関連法令等を踏まえ、小学校における教育の情報化の実際について、情報教育、授業における情報機器活用、校務の情報化及び特別支援教育と情報化という4つの視点から考察する。 
テキスト 特に指定なし 
参考文献 学習指導要領、学習指導要領解説、文部科学省教育の情報化ビジョン等をインターネット経由で入手し使用。その他、要に応じて授業内で紹介する。 
成績評価方法 授業内で出す課題や試験。(2回、中間40%、最終60%)
試験(レポート)は、講義の中心項目の中から出題。
記述式で、講義で得た知識を問うだけでなく、それらについての考えを問う。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業ガイダンス
情報化社会における「情報」の意味を考える
教育の情報化とは
2情報化社会と学校教育
学校教育の情報化の進展の経緯
3教育の情報化における3つの視点(教育の情報化ビジョンをもとに)
4小学校における情報教育(1)社会的背景と現状
5小学校における情報教育(2)学習指導要領をもとに
6校務の情報化(1)公立小中学校における教育情報と文書、管理の実際
7校務の情報化(2)校務の情報化の実際(校務支援システムの導入)
8授業における情報機器活用(1)様々な授業形態と教育機器活用
9授業における情報機器活用(2)授業におけるICT機器活用の視点と実際
10特別支援教育と情報化(1)特別支援教育の概略とICT機器
11特別支援教育と情報化(2)特別支援教育における情報化の意義と課題
12ICT機器を活用した資料収集と活用
情報活用能力の育成と新学習指導要領
13情報化社会と法‥‥個人情報保護と著作権について法をもとに考察
14教育の情報化の今後の進展(デジタル黒板、児童用タブレット端末、デジタル教科書)
学習指導要領と教育の情報化(教科横断型の学びと情報教育、プログラミング教育)
15教育の情報化の現状と課題(教育の情報化に係る実態調査等をもとに)
最終のまとめ
授業時間外における学習方法 授業と関係のある学習指導要領の項目及び教育の情報化ビジョンに目を通しておく
授業で紹介した資料等については、授業後もう一度自ら確認すること
A類は「教師として」という立場、視点で授業に臨むこと
E類は「学校支援」の視点と立場から教育の情報化の概要や実態の把握に努めること 
授業のキーワード 情報化社会と教育 授業でのICT活用 情報教育・メディア教育 学習指導要領 学校運営 
受講補足(履修制限等) 適切履修者数は25名が上限 
学生へのメッセージ 授業記録のとり方、レポートや提出物の扱い等、授業教室のICT機能を活用して処理します。授業に参加すること自体が、ICT活用のスキルアップになるものと考えてください。 
実務経験のある教員による科目 指導担当者は、公立小学校において担任及び管理職としての経験があります。 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を基本としますが、状況によっては遠隔形式で実施することもあります。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.