タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-情報教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60401800 
科目名   小学校におけるプログラミング教育  
担当教員   加藤 直樹  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択,選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース自由選択、中等教育教員養成課程社会専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース自由選択、初等教育教員養成課程音楽選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース自由選択、中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース自由選択、中等教育教員養成課程美術専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻ソーシャルワークコース自由選択、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース自由選択、中等教育教員養成課程保健体育専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程英語専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース自由選択、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程学校教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程書道専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程情報教育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程数学専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程音楽専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程数学選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程保健体育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程美術選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国際教育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程環境教育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程理科専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国語選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程国語専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程社会選修教科・教職(共通SE、 
備考  共通SE 
ナンバリング   132324 
ねらいと目標 小学校におけるプログラミング教育の概要,これまでに行われてきた授業実践を知り,また,基礎的なプログラミングスキルを習得し,プログラミング教育への理解を深める. 
内容 昨年度より必修科されたプログラミング教育について,学習指導要領と学習指導要領解説の読み取り,各教科の単元に組み込んだプログラミング教育の体験,その体験を元にしたディスカッションを通して,プログラミング教育についての理解を深めていきます.プログラミング教育に関しては様々な解釈が行われている混乱状況にありますが,プログラミング教育が導入されるきっかけとなった社会背景と学習指導要領の記載を軸とした考え方を解説します. 
テキスト 小学校におけるプログラミング教育の理論と実践,学文社(https://amzn.to/38UG354) 
参考文献 授業の中で紹介します. 
成績評価方法 課題で評価します.6回以上の欠席,課題の未提出は失格となります.欠席した授業で出された課題も必ず提出してください.  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション:とっても難しいコンピュータの話
2小学校におけるプログラミング教育の背景,そしてHour of Code体験
3学習指導要領とプログラミング教育,そしてViscuit体験
4プログラミング教育の展開,そしてScratch体験
5低学年におけるプログラミング教育:Viscuitでプログラミング教育
6算数科:数を学ぶ単元でプログラミング教育
7算数科:図形を学ぶ単元でプログラミング教育
8算数科:データに関する単元でプログラミング教育
9アンプラグド・プログラミング活動を考える
10中学年におけるプログラミング教育:ワンボードマイコンでプログラミング教育
11理科でプログラミング教育
12高学年におけるプログラミング教育:車型ロボットでプログラミング教育
13Scratchですごいプログラムを作ってみよう(1)
14Scratchですごいプログラムを作ってみよう(2)
15まとめ
授業時間外における学習方法 予習・復習として,参考文献として紹介した書籍,及び,授業で出てきたキーワードを元に関連するwebサイトの情報を読み,授業で学んだ知識を深化すると共に,関連知識の習得を試みてください 
授業のキーワード 情報通信技術,プログラミング,情報活用能力,論理的思考力,教科横断型,情報教育,教育の情報化,アクティブ・ラーニング,グループ学習,発表会,ディスカッション 
受講補足(履修制限等) 履修を希望する人は,できる限り早めに(仮)履修登録を済ませておいてください.第1回の授業についてWebClassを通してアナウンスします.
今年度は遠隔のため定員を設けない予定です.
教材を購入していただく予定です(micro:bit 2000円~) 
学生へのメッセージ 2年次開講科目ですが,3,4年次の学生の履修も歓迎します. 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式:原則オンラインライブ授業で実施します 
その他 ライブ授業にはZoom,情報提供や課題提出には Google Workspace for Education を利用します.第1回の授業に関するアナウンスだけはWebClassを利用しますので確認してください. 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.