タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-技術科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60681800 
科目名   応用情報処理Ⅲ  
担当教員   江原 遥  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程ものづくり技術選修選択科目B、中等教育教員養成課程技術専攻選択科目A 
備考  奇数年度のみ開講 
ナンバリング   133314 
ねらいと目標 Linux(UNIX系OS)とSQL系DBシステムなどサーバ環境の構築 
内容 LINUX系OSのシステムの基本を学ぶと同時に、Apacheなどサーバ環境の構築の基本を学ぶ。
bashなどのシェル言語の基本を学ぶ。必要に応じて、Pythonなどのスクリプト言語の基本を学ぶ。
時間上の制約があるため、おおくの作業はレポート形式で進めざるを得ない。 
テキスト テキストを利用するかどうかも含めて授業開始時に指示する。 
参考文献 授業開始時に指示するが、Webサイト上に多くの資料があるため、そうした資料が参考になる。 
成績評価方法 評価⽅法︓課題、作成した最終課題により総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 1 ガイダンス
2 学内ネットワークの理解
3 LINUX系OS 1
4 LINUX系OS 2
5 BASH 1
6 BASH 2
7 BASH 3
8 sshdサーバとログイン 1
9 Webサーバ 1
10 Webサーバ 2
11 Python 1
12 Python 2
13 Python 3
14 予備
15 予備  
授業時間外における学習方法 Linuxの基本的なコマンドは、ブラウザ上で実行できる仮想環境であるColaboratory上でも動作するため、自宅で学習することが可能である。
サーバ環境整備を行う場合は、学内の設備を利用することがあり、情報処理センターのセキュリティ強化により、⾃宅からの作業に⽀障が⽣じる可能性がある。このため、作業⽤サーバを変則的に運⽤する可能性がある。 
授業のキーワード 「情報」 
受講補足(履修制限等) 個別指導となることが考えられるので、上限10名程度とする。
技術科の学⽣を優先する。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) サーバ管理業務現場などでも業務は遠隔で行われているので、遠隔講義を基本とする。遠隔は主にライブ配信を想定している。1回程度は対面で講義するように努力するが、状況により判断する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.