タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-技術科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60660200 
科目名   ものづくり教育臨床  
担当教員   白戸 一範  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   C203    開講学期   春学期  
曜日・時限   木2   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(専攻SE、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   132311 
ねらいと目標 ものづくり教育が子どもの成長に与える影響について理解するとともに、実際の授業において必要な知識・スキルについて学ぶことを目標とする。 
内容 ・子どもの成長と発達段階における学習教材・教具の関係について考える。
・学習における教師と児童・生徒の関係について考える。
・学校現場の事例から、教師に必要な知識・スキルを知る
 
テキスト 特になし。 
参考文献 授業中に紹介する。 
成績評価方法 学習態度、ノート提出、課題レポート等を総合的に判断して評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 1. 授業ガイダンス
2. 大人と子どもは何が違うのかという点から教育を考える。
3. 時代と共に変化してきた「ものづくり教育」
4. 子どもの成長と教師の関係
5. 思い込みによる教育の弊害を知る(善悪説など)
6. 子どもの思考はどのように発達するのか(言語と認識の関係)
7. 現代の教育課題を考える(SDGs、PISA調査結果など)
8. 「学びに向かう力」と「ものづくり教育」の関係について考える
9. 思考力を高めるための教育方法を考える。
10. 表現力を高めるための教育方法を考える。
11. 学習集団に起こるトラブルとその対処法について考える。
12. 学習における対話活動の効果と方法を考える。
13. 対話活動の演習①(ジグソー法)
14. 対話活動の演習②(ディベート)
15. 授業のまとめ
 
授業時間外における学習方法 復習を中心に関係図書を読むこと。 
授業のキーワード ものづくり教育、子どもの発達、主体的な学習、学びに向かう力、対話活動、児童・生徒理解 
受講補足(履修制限等) 履修は当該選修、専攻学生の履修を原則とする。 
学生へのメッセージ 自分が学んだ教育を振り返り、「自分にとって、何がよかったか、また、何が足りなかったか」そして「子どもたちのために教師は何を考え、何をしているか」を考えることを通して、教師に必要なものは何かを考えましょう。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式を基本とするが、状況によって遠隔形式に変更する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.