タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-技術科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60400100 
科目名   授業観察演習  
担当教員   藤井 和人,坂口 謙一,江原 遥,望月 高昭  
対象学年   2年   クラス   65  
講義室   S101    開講学期   春学期  
曜日・時限   集中   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(共通SE 
備考  共通SE  対象:Aものづくり技術、B技術 
ナンバリング   132972 
ねらいと目標 ・基礎実習の授業の様子を観察することを通して、教育実習の意義について理解を深め、次年度の実習への問題意識について記述することができる。
・授業視聴を通して学習指導案の構成や、その役割について理解することができる。
・授業記録をとって観察し、授業について多様な見方を出し合うことを通して、授業観察の視点(机間巡視、板書計画、発問の想定等)を持つことができる。
 
内容 授業映像やオンデマンド方式を用いて、教育実習生の授業を観察する。そして、気付いたことや疑問についてグループと全体で語り合うことを通して、授業観察の視点を得る。また、学習指導案の構成や役割についても理解していく。本授業の出口では、次年度の教育実習への問題意識を明確にする。  
テキスト 「教職入門の記録」  
参考文献 特になし 
成績評価方法 授業への参加状況、グループ活動の様子、協議会での発言内容、レポートの内容等を、総合的に判断して決定する。  
授業スケジュール(展開計画) ※ 本授業は2日間の集中演習で実施する。  1日目:9月14日(火),2日目:9月16日(木)

■1日目(9月14日)
1~2限
第1回:・本授業のねらいと計画
    ・授業記録の取り方と考察の仕方
    ・学習指導案の構成と役割
    ・この授業で学びたいことや問題意識のまとめと交流

3~4限
第2回:・授業映像の視聴1及びグループ協議、全体での協議等

■2日目(9月16日)
1~2限
第3回:・授業映像の視聴2及びグループ協議、全体での協議等

3~4限
第4回:・授業映像の視聴3及びグループ協議、全体での協議等
第5回:・まとめ(本授業を振り返っての自身の意識をまとめ、グループで意見交換)
    ・レポート作成
 
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード 授業観察/授業記録/アクティブ・ラーニング/ディスカッション  
受講補足(履修制限等) 講義室については履修人数確定後に掲示にて発表する。  
学生へのメッセージ 「授業観察演習」は教育実習関連科目の1つであり、本学の教育実習生(先輩)が実際の学校現場で授業を行っている映像を視聴し、グループワークやディスカッションを行う授業です。教育実習に行く前に実際の教育実習の様子を知る非常に貴重な機会となります。選択科目ですが、できるかぎり受講するようにしてください。  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) ハイブリッド 
その他 ※ 授業の集合時間は両日ともに8時50分(1限から)。 授業の具体的な履修方法については、授業開始の1週間前、9月7日(火)頃にポータルメッセージにより通知する。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.