タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-地学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60550100 
科目名   地球物理学実験  
担当教員   佐藤 尚毅,里 嘉千茂  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   地一実     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選択  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程理科専攻選択科目A、初等教育教員養成課程理科選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133303 
ねらいと目標 気象学的並びに地震学的な実験・観測・データ解析・実習等を通して,地球に関する理解を深める。 
内容 前半では気象学関連の観測やデータ解析,実習を行い,後半では地震学関連の実験やデータ解析,実習を行う。 
テキスト 気象学分野では,専用のテキストを印刷・配布する(電子ファイルでも取得可能(「その他」の項目参照))。
地震学分野では,必要に応じて適宜プリントを配布する。 
参考文献 (気象学分野)
  1.基礎から学ぶ気象学,佐藤尚毅著,東京学芸大学出版会,2,500円+税
  2.一般気象学,小倉義光著,東京大学出版会,2800円+税
  3.総観気象学入門,小倉義光著,東京大学出版会,4,000円+税
(地震学分野)
  1.地震学(第3版),宇津徳治著,共立出版,5,200円+税
  2.弾性体力学-変形の物理を理解するために-,中島淳一・三浦 哲共著,共立出版,2,000円+税
(以上の他,必要に応じて担当教員が授業時間に紹介する。) 
成績評価方法 気象学分野50%,地震学分野50%とする。
気象学分野においてはレポート(予習課題を含む)によって,地震学分野においては平常点(約30%)及びレポート(約70%)によって評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス、露点の測定
2熱・放射環境の測定
3大気の安定度の解析(基礎)
4大気の安定度の解析(エマグラム)
5天気図の作成と利用(地上天気図)
6天気図の作成と利用(高層天気図)
7時系列データの解析
8相関性の解析
9地震計の原理と特性(1) 理論
10地震計の原理と特性(2) 実験とデータ解析
11常時微動の観測とデータ解析(1) 理論と観測
12常時微動の観測とデータ解析(2) データ解析
13地震波の走時曲線のプロットと解析
14作図法による震源決定(1) 1観測点でのデータの場合
15作図法による震源決定(2) 3観測点でのデータの場合, マグニチュードの決定
授業時間外における学習方法 春学期の「地球物理学」で学習した内容をよく復習しておくこと。気象学分野では,基礎知識を確認するための予習課題を春学期中に出題するので,2回目の授業までに提出すること。また,原則として毎回レポートの提出を求めるので,授業時間外学習として完成させること(所要時間90分程度)。地震学分野でも,実験または実習の翌週ないし翌々週の授業時までにレポートの提出を求める(所要時間90分ないし180分程度)。 
授業のキーワード IT,環境教育 
受講補足(履修制限等) 春学期の「地球物理学」を履修していることを前提とする。また,気象学分野についてはFORTRANまたはCによる基礎的なプログラミング技術を修得していることを前提とする。受講者数は12名程度までとし,それ以上の受講希望者がいる場合は,卒業研究で地球物理学(気象学など)に関するテーマを設定する予定の3年生を優先とする。天候などの都合によりスケジュールを変更することがある。なお,気象学分野では,本授業に関連するプログラミング技術を修得するための自由参加のセミナーを春学期中に予定している(自由参加で成績評価とは無関係,受講人数に制限があるため要相談)ので,本授業の履修希望者は春学期開始時に授業担当教員に連絡すること。 
学生へのメッセージ 春学期の「地球物理学」で学んだ理論的なことを補足するための各種の実験・観察・データ解析・実習等を行うので,知識を補強することができると思います。ほぼ毎回出されるレポート課題は楽ではないと思いますが,結果をレポートにまとめることも卒業研究で必要な能力です。最後まで諦めずに取り組みましょう。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 現時点では全15回を対面形式で行う予定である。 
その他 気象学分野の授業の資料はhttp://kishou.u-gakugei.ac.jpで閲覧できます。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.