タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-地学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60550000 
科目名   固体地球科学概説  
担当教員   里 嘉千茂  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N201    開講学期   春学期  
曜日・時限   木4   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程理科専攻選択科目A、初等教育教員養成課程理科選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132301 
ねらいと目標 我々の生活の場である地球を測地学的・固体地球物理学的な様々な観点から概説し,その理解を深める。本授業を受講することによって,固体地球に関する基礎的な事項を習得することができる。さらに,それらに基づいて日常的に地球により興味をもち,様々な機会を通して関連事項に接した場合にそれらを正しく理解できるようになって欲しい。 
内容 はじめに,地球の形と大きさ・地球楕円体・宇宙測地技術・地殻変動・重力とその測定方法などについて概説し,次いで,身近な地学現象であり,かつ,我々の生活にも関連が深い地震について,地球内部構造にも触れながら講義する。最後に,大陸移動説や海洋底拡大説,プレートテクトニクスについて概説する。 
テキスト 特に定めない。適宜プリントを配布する。 
参考文献 1.固体地球科学入門―地球とその物理(第2版),カ武常次著,共立出版,4,200円+税
2.地球が丸いってほんとうですか?-測地学者に50の質問-,日本測地学会監修・大久保修平編著,朝日新聞社,1,200円+税
3.地震学(現代地球科学入門シリーズ6),長谷川昭・佐藤春夫・西村太志共著,共立出版,5,600円+税 
成績評価方法 期末試験の成績で評価する。期末試験はノートやプリント・参考書等の持ち込みは不可とし,授業で講義した内容について複数の論述式問題で理解度を見る。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンスおよび序論(地球の形と大きさ)
2地球楕円体と準拠楕円体
3宇宙測地と地殻変動
4重力と地下浅部構造
5地震と断層運動
6地震波と地震計
7マグニチュードと震度(1)
8マグニチュードと震度(2)
9地震に関連した諸現象
10地震の空間分布と地震災害
11地震波と地球内部構造
12大陸移動説と海洋底拡大説(1)
13大陸移動説と海洋底拡大説(2)
14プレートテクトニクスと地震
15授業のまとめ及び試験
授業時間外における学習方法 受講生は,授業時間外学習として,配布プリントや参考文献欄に記載の文献またはその他の固体地球科学関連の文献を参考にして,その回の授業内容の復習と次回授業内容の予習をしておくこと(復習と予習を合わせて所要時間90分程度)。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 固体地球やそれに関する事象に興味があり,理解を深めたい学生の積極的な受講を歓迎する。なお,授業内容によっては多少の数学的・物理学的基礎知識が必要になることがある。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 現時点では全15回を対面形式で行う予定である。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.