タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-地学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60033400 
科目名   理科専門基礎英語DⅡ  
担当教員   西浦 慎悟  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N105    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金1   単位区分   選択,選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース語学領域:選択、初等教育教員養成課程学校心理選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程国際教育選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程幼児教育選修語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース語学領域:選択、中等教育教員養成課程保健体育専攻語学領域:選択、中等教育教員養成課程書道専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程理科選修語学領域:初習2年、中等教育教員養成課程技術専攻語学領域:選択、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース語学領域:選択、初等教育教員養成課程音楽選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程数学専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程美術選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程音楽専攻語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース語学領域:選択、中等教育教員養成課程社会専攻語学領域:選択、中等教育教員養成課程理科専攻語学領域:初習2年、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免語学領域:選択、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免語学領域:選択、中等教育教員養成課程美術専攻語学領域:選択、養護教育教員養成課程養護教育専攻語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース語学領域:選択、初等教育教員養成課程家庭選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程学校教育選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程環境教育選修語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース語学領域:選択、初等教育教員養成課程数学選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程国語選修語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース語学領域:選択、中等教育教員養成課程家庭専攻語学領域:選択、初等教育教員養成課程情報教育選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程国語専攻語学領域:選択、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース語学領域:選択、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免語学領域:選択、初等教育教員養成課程保健体育選修語学領域:選択、初等教育教員養成課程社会選修語学領域:選択、中等教育教員養成課程英語専攻語学領域:選択、 
備考  CL:専門基礎 
ナンバリング   112302 
ねらいと目標 自然科学の専門分野(天文学)について、英語で書かれた一般書・専門書・論文など精読を通して、専門用語や自然現象を英語で表現する技術の基礎を修得する。 
内容 天文学について英語で書かれた一般書・専門書・論文などの英読・和訳とレポートや試験。 
テキスト 特に指定するものは無いが、必要に応じてプリントなどの資料を配布する。 
参考文献 特に無いが、授業内容に応じて適宜紹介する。 
成績評価方法 レポートや試験の結果(60%-70%)、予習・復習状況や授業に取り組む態度(30%-40%)を総合的に評価する。そのため、無遅刻・無欠席かつすべてのレポートを提出し、試験を受験しても、点数が基準に達しない場合には不合格とする。なお、代替レポートなどは一切認めない。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス、英文精読
2英文精読
3英文精読
4英文精読
5英文精読
6英文精読
7英文精読
8前半のまとめ(予)
9英文精読
10英文精読
11英文精読
12英文精読
13英文精読
14英文精読・授業アンケート(予)
15全体のまとめ(予)
授業時間外における学習方法 配布する英文プリントや論文などを熟読し、分からない単語・熟語・構文などを確認の上、適切に和訳、その内容を理解する。必要に応じて、天文学に関する一般書・専門書を参考にするとよい。 
授業のキーワード 天文学、科学英語 
受講補足(履修制限等) 履修者多数の場合は、状況に応じて履修制限を行う。 
学生へのメッセージ 対面形式を予定しているが、遠隔形式に変更された場合、第1回目の授業では、授業開始時刻にWebClassにアクセスし、タイムラインに記された授業担当者の指示に従って授業に参加すること。高等学校で学習する英文法や英語構文、英単語・熟語などを使いこなせることを前提とする。履修者は毎回の予習・復習が必須である。原則として著しい早退・遅刻、欠席は認めない。状況によっては、まとめを行う週が、多少前後することがあり得る。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式による授業を予定しているが、新型コロナ・ウィルスの影響によっては遠隔形式の可能性もある。 
その他 天文学に関する初歩的な用語や概念が頻出するが、これらについては適宜詳細な解説を行う。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.