タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生物学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60549200 
科目名   生化学  
担当教員   原田 和雄  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S401    開講学期   春学期  
曜日・時限   月1   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程理科専攻選択科目A、初等教育教員養成課程理科選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132291 
ねらいと目標 To achieve a basic understanding of the sructure and function of biological molecules (nucleic acids, proteins, carbohydrates and lipids), bioenergetics and metabolism (glycolysis, citric acid cycle, and oxidative phosphorylation), and information pathways for gene expression. 生命現象の基礎である生体分子の構造と機能(核酸、タンパク質など)、代謝、遺伝情報の発現と伝達についての基本的な理解を得ること目的とする。 
内容 1) The structure of biological molecules (nucleic acids, proteins, carbohydrates and lipids) and their function (catalysis, signaling), 2) bioenergetics and metabolism (glycolysis, citric acid cycle, and oxidative phosphorylation), and 3) Iinformation pathways for gene expression (replication, transcription, translation) and their regulation. 1)生体分子(核酸、タンパク質、糖質、脂質)の構造とその機能(酵素、シグナル伝達;2)生体分子の代謝機構やエネルギーの生成と消費;3)遺伝子情報の発現と伝達(DNAの複製、DNAからRNAへの転写、RNAからタンパク質への翻訳)とその制御について学習する。 
テキスト Lehninger Principles of Biochemistry, International Edition 
参考文献  
成績評価方法 Weekly Assessment Tests and Final Examination(小テストと期末試験による総合評価) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1The Foundations of Biochemistry(生化学の基盤)
2Structure and Catalysis: Amino Acids, Peptides, and Proteins(構造と触媒機能:アミノ酸、ペプチド、タンパク質)
3Structure and Catalysis: Three-Dimensional Structure of Protein(構造と触媒機能:タンパク質の立体構造)
4Structure and Catalysis: Enzymes(構造と触媒機能:酵素)
5Structure and Catalysis: Carbohydrates(構造と触媒機能:糖質)
6Structure and Catalysis: Nucleotides and Nucleic Acids(構造と触媒機能:ヌクレオチドと核酸)
7Structure and Catalysis: Lipids(構造と触媒機能:脂質)
8Structure and Catalysis: Biosignaling(構造と触媒機能:シグナル伝達)
9Bioenergetics and Metabolism: Glycolysis(生体エネルギーと代謝:解糖系)
10Bioenergetics and Metabolism: The Citric Acid Cycle and Oxidative Phosphorylation(生体エネルギーと代謝:クエン酸サイクルと電子伝達系)
11Bioenergetics and Metabolism: Photosynthesis and Carbohydrate Biosynthesis(生体エネルギーと代謝:光合成と炭水化物合成)
12Information Pathways: DNA Metabolism(遺伝情報伝達経路:DNA複製、修復、組換え)
13Information Pathways: Protein Metabolism(遺伝情報伝達経路:翻訳)
14Information Pathways: Regulation of Gene Expression(遺伝情報伝達経路:遺伝子発現制御)
15Summary / Final Examination(まとめ/試験)
授業時間外における学習方法 Preparation for the next class using homework assignments(課題資料を用いた予習) 
授業のキーワード Structure and Catalysis(構造と触媒機能)、Bioenergetics and Metabolism(生体エネルギーと代謝);Information Pathways(遺伝情報伝達経路) 
受講補足(履修制限等) The classes will be conducted in English. Learning materials for understanding English terms and expressions will be provided. 授業は英語で行う。英語の専門用語や化学的な表現を学習するための資料を配布する。 
学生へのメッセージ 「生化学」は、生物学、化学、医学のほか、身近な健康、医療など様々な領域の基礎となる内容を含む。英語による生化学の授業を通して、生化学を理解するための専門用語やその内容に親しむことにより、最新の生命科学・医学に関する話題を外国の新聞、雑誌やニュースなど多様なソースから知ることができる。これにより、グローバルな視点から科学リテラシーを養うことができる。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 本授業は、対面形式と遠隔形式のハイブリッド型で実施します。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.