タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-生物学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60547600 
科目名   生物学演習  
担当教員   伊藤 睦実  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N411    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水1   単位区分   必修,選択  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程理科選修選択科目A、中等教育教員養成課程理科専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   132292 
ねらいと目標 生態学の基本的な概念を理解し、自然をどのようにとらえるかを理解することを目標とする。さらに、その手法を理解した上で、身の回りの動植物や様々な自然現象を観察し、それについて表現する能力の向上を狙う。 
内容 植物および動物を対象とした生態学的事象に関する研究例を紹介しながら、生態学の重要な概念を学ぶ。学習した内容をふまえて実際に緑地を散策し、野外で起こっている様々な自然現象を観察したり、こちらが用意した植物サンプルを用いたりして実践的な演習を行う。全体を通して、英語論文や英文テキストによる主体的な事前または事後学習が必要とする場合がある。 
テキスト 授業中に適宜配布する資料を使用する。 
参考文献 教員が適宜紹介する。 
成績評価方法 授業ごとに提出するミニレポート(出席確認を兼ねる)と、最終レポートまたは試験を踏まえて総合的に評価する。総合評価の際には、出席(ミニレポートの提出状況)を重視する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1履修ガイダンス
2生態学とは
3進化のしくみ
4種内変異と種分化
5適応度(コスト-ベネフィットとトレードオフ)
6環境に対する生物の応答
7性比と性選択
8動物の行動の進化
9生物多様性と外来種
10動物と植物の相互作用①
11動物と植物の相互作用②
12野外の生物の観察①(緑地の散策)
13野外の生物の観察②(植物の観察)
14全体のまとめ①
15全体のまとめ②
授業時間外における学習方法 毎回の講義後に要点や質問、疑問に思うこと等をまとめて、教員が配布するミニレポートシートに記入し、次の授業の最初に提出してもらう。このミニレポートには、課題が含まれる場合がある。また、事前または事後学習として、配布した英語論文や英文テキストの学習を必要とする場合がある。質問等はメール(itomutsu@u-gakugei.ac.jp)にて随時行う。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.