タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-化学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60546500 
科目名   無機・分析化学実験  
担当教員   小坂 知己,國仙 久雄  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   化二実   開講学期   春学期  
曜日・時限   金4,金5   単位区分   選択  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程理科専攻選択科目A、初等教育教員養成課程理科選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133283 
ねらいと目標 「重量分析」「キレート滴定」「電位差滴定」「分光光度法」などの実験を通して、無機・分析化学の基本的な実験操作の修得とデータの解釈など考え方について理解を深める事を目的とする。 
内容 基本的な定量分析法である容量分析、重量分析の実習、機器を使う定性・定量分析の実習により化学分析の原理と操作法を習得する。また、習得した分析手法等を用いて与えられた課題に取り組む問題解決型学習に基づくPBL実験と最終回に確認試験も実施する予定である。 
テキスト オリエンテーション時に、実験項目に関するプリントを配布する。また、PBL実験は、履修者が課題に基づき文献調査を行い、実験計画に基づき実験を実施する。 
参考文献 適宜、紹介する。 
成績評価方法 実験に対する態度やレポート・確認試験により評価する。レポートは実験終了日より、再レポートは返却日より、それぞれ1週間以内に提出しなければならない. 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1無機・分析化学実験の概要と成績評価の説明
2実験データの統計的取り扱いについて
3重量分析 Ⅰ(沈殿の生成、熟成、ろ過)
4重量分析 Ⅱ(るつぼの恒量)
5重量分析 Ⅲ(沈殿の定量)
6キレート滴定 Ⅰ(EDTA溶液の標定)
7キレート滴定 Ⅱ(カルシウム、マグネシウムの分別定量)
8電位差滴定
9吸光光度法
10共沈法によるセラミックスの合成
11PBL実験 Ⅰ
12PBL実験 Ⅱ
13PBL実験 Ⅲ
14プレゼンテーション
15廃液処理、実験室の掃除と確認試験
授業時間外における学習方法 配布されたプリントを参照してフローチャートを作成して実験内容を理解し、試薬の物性等を調査した上で実験に臨むようにすること。 
授業のキーワード 沈殿生成、熟成、ろ過、溶解度、EDTA、分別定量、錯体生成反応、pH電極、吸光度、フェライト、蛍光材、PBL 
受講補足(履修制限等) 化学実験、基礎無機化学、無機化学Ⅰ、無機化学Ⅱ、分析化学を履修していることが望ましい。 
学生へのメッセージ 実験内容の理解度を評価するため、確認試験を行うことがある。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式で実施する予定。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.