タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-化学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60544900 
科目名   基礎有機化学  
担当教員   前田 優  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程理科専攻選択科目A、初等教育教員養成課程理科選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   132281 
ねらいと目標 有機化合物を構成する元素は、炭素、水素を始めとして10元素程度であるが、現在知られている有機化合物の数は数百万である。本講義では、有機化学の基礎を身につけることを主眼としている。講義で取り扱う有機化合物の構造と性質を理解し、有機電子論に基づき、その化学反応性を理解し、解説する力を養うことを目的とする。 これらを習得することにより、アルカン、アルケン、芳香族化合物の性質と化学反応性の違いを分子軌道やエネルギー、有機電子論に基づいて理解し、説明できるように、また、これらの化学反応を反応機構によって理解し、説明できるようになることを目標とする。 
内容 有機化合物について理解するために、アルケン、芳香族化合物等の物理的、化学的性質およびそれらの合成法や反応について概説する。
スケジュールは適宜調整して進める予定である。 
テキスト ボルハルト・ショアー 現代有機化学(上)第8版 丸善 ISBN978-4-7598-2029-4 6500円+税
ボルハルト・ショアー 現代有機化学(下)第8版 丸善 ISBN978-4-7598-2030-0 6500円+税  
参考文献 マクマリー有機化学(日本語第7版上中下:東京化学同人)
ジョーンズ有機化学(日本語第3版上下:東京化学同人)
など 
成績評価方法 課題と期末テストで評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1本授業の目的と方法
有機化学の基礎
2アルケンの合成
3アルケンの付加反応の基礎
4アルケンの付加反応
5アルキンの性質と合成
6アルキンの反応
7局在化したπ電子系の構造と性質
8局在化したπ電子系の反応
9ベンゼンと芳香属性
10ベンゼンの反応の基礎
11ベンゼンの反応
12ベンゼン誘導体:置換基効果と配向性
13ベンゼン誘導体:合成戦略
14ベンゼンとその誘導体のまとめ
15講義のまとめ・期末試験
授業時間外における学習方法 事前に教科書を読んで予習をする。
反応機構を記し、反応の因子を理解する。
講義後、教科書の該当箇所の演習問題や問題を解く。
課題が出た場合、レポートとして提出する。 
授業のキーワード ディスカッション、グループ討論 
受講補足(履修制限等) 基礎化学、化学概論、有機反応基礎論を受講していることが望ましい。 
学生へのメッセージ 単なる暗記ではなく,有機化合物の構造や性質から化学反応を理解することを心がけてください。
必ず、事前に教科書を読んで予習し、講義後には該当箇所の演習問題や章末問題を解いてください。
問題に取り組むことで、理解が一層深まります。
不明な点は、積極的に質問して理解を深めるようにすること。
受講学生間での学びあいも自分の理解度を知り、また深めるために有効です。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式:Web Class、Stream配信、teamsを使って講義を進める予定です。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.