タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-化学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60006400 
科目名   入門化学  
担当教員   滝澤 靖臣  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月1   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  総合学芸領域:分野C共通 
備考  CA:(C)領域 
ナンバリング   111281 
ねらいと目標 身近な現象や物質観を化学の基礎を学びながら身につける。 
内容 化学の基礎を持たない人に十分対応できるようにして、化学の基礎を身につけて現代社会を生きる力になるようにしたい。 
テキスト 物質とは何かー化学の基礎(磯、奥谷、滝沢)東京教学社 
参考文献 授業中に紹介する化学に関する文献、「理科教育力を高める基礎化学」(長谷川、國仙、吉永)裳華房, 

 
成績評価方法 出席、授業中に行う小問、レポートおよび試験を総合して評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション;物質とは何か。化学の特徴、どのように化学を学ぶか。
2物質は何からできているか。原子と分子の世界を考える。物質の状態を考える。
3物質の状態と原子、分子の性質
4個体、液体、気体を分子運動から考える;物質の三態について
5気体の分子運動、気体の状態方程式について
6溶液の性質(1):溶質、溶媒、溶液と濃度の表し方、
7溶液の性質(2):身の回りの溶液、コロイドの性質、
8化学反応とエネルギー;反応熱と熱化学方程式、化学反応と光
9電池と電気分解:
10化学反応の速さと平衡;化学反応の速さは何で決まるのか
11水溶液中の化学平衡:電離平衡、酸と塩基、電離平衡、緩衝液の性質
12有機化合物:有機化合物の特徴
13高分子化合物:天然高分子化合物と合成高分子化合物
14化学と現代の生活:化学と人間生活との関わり
15まとめとまとめの試験
授業時間外における学習方法 関連する化学の本などを読んで興味を持つようにするとよいでしょう。 
授業のキーワード 元素、原子、分子、イオン、無機物、有機物、酸と塩基、化学反応とエネルギー、酸化と還元、燃焼、電池と電気分解、触媒、酵素、化学反応式、化学反応の速さと平衡、物質の三態、現代生活における化学の役割 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 衣、食、住など現代生活と関わりのある物質を化学を通して理解できるようにする。そのためには原子、分子の世界を粒子とエネルギーの観点から理解できるようにする。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) オンデマンド配信 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.