タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-理科教育学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60542400 
科目名   放射線教育Ⅱ  
担当教員   大西 和子  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   理実一     開講学期   秋学期  
曜日・時限   木1   単位区分   選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程理科専攻選択科目A、初等教育教員養成課程理科選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133264 
ねらいと目標 中高等学校段階における今日的な学校放射線教育の企画・実践力の獲得形成 
内容 中学校理科第1分野内容(3)と(7)に対応する中学校理科の学習単元における実践を想定して、放射線教育の学習指導計画を設計し、入念な吟味検討を重ねた後、附属中学校での試行的実践を目指す。 
テキスト 中学校学習指導要領(平成29年告示)解説 理科編
その他、授業の際に指示する。 
参考文献 中学校理科 教科書等 
成績評価方法 毎回の出席状況とグループワークへの貢献度を加味しつつ、設計した放射線教育の指導計画の完成度、試行実践による評価、他を勘案して総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 授業は10/21(初回)~2/3までの木曜1限に計12回を予定。
11月に附属中学での授業見学(日程調整のため、日時が変更になる場合がある。)
2月中旬頃に計2回分相当の附属中学校での実践実習を予定。
いずれの予定も、コロナ過の影響で変更になる場合がある。
内容
1オリエンテーション・社会における放射線の利用
2中学校教科書での放射線(1)
3中学校教科書での放射線(2)
4放射線計測の方法
5放射線教育の試行的授業設計
6附属小金井中学校授業見学(要日程調整)
7放射線教育の実践 指導案の検討(1)
8放射線教育の実践 指導案の検討(2)
9放射線教育の実践 指導案の検討(3)
10放射線教育の実践 指導案の検討(4)
11模擬実践によるリハーサル(1)模擬授業
12模擬実践によるリハーサル(2)模擬授業
13模擬実践によるリハーサル(3)模擬授業
14附属中学校における試行的実践実習(1)
15附属中学校における試行的実践実習(2)
・総括(実践実習後)
授業時間外における学習方法 グループ構成員間で調整を図りながら、共通の空き時間などを使い、附属学校で行うための指導案作成の議論を積み上げ、教育効果の高い指導案の作成を行うこと。
 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 「放射線教育Ⅰ」の成績優秀者であることが望ましい。
受講生の関心や理解度に応じて毎回のトピックや重点の置き方,および講義順序などを変更する場合がある.
また、コロナ禍の状況によって、授業等の予定を変更する場合がある。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目 〇 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式。コロナ禍の状況によって、遠隔授業(Teamsの会議等)の利用も検討する。

 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.