タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-理科教育学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60542100 
科目名   理科教育と科学史  
担当教員   松浦 執  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   N202    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程理科専攻選択科目A、初等教育教員養成課程理科選修選択科目A 
備考   
ナンバリング   133261 
ねらいと目標 人類は神という超自然を構想し、生きる意味、死ぬ意味を与えられてきた。しかし科学という経験論を発見し、神が意味を与えていない機械的自然を発見した。これは神を忘れ人間至上主義をもたらし、飢饉と疫病と戦争という人類を絶滅させる脅威を克服してきた。現代では生命は生化学上のアルゴリズムとなり、AIにより人間の思考よりも効率的なデータ至上主義を生み出している。人間の全史を概観し、人類とテクノロジーの未来を考える。 
内容 「ホモ・デウス」を読み、少人数でその内容を討論する。本書を熟読することで、未来の学校の意味と使命を考える。毎回、内容をレビューする担当者を決めるが、全員の発言を求める。 
テキスト ユヴァル・ノア・ハラリ『ホモ・デウス』(上・下)河出書房新社(2018) 
参考文献 テキストによい参考文献が列挙されています。 
成績評価方法 討論への貢献を評価します。出席を前提とします。 
授業スケジュール(展開計画) スケジュールは授業や受講者の状況によって変更されることがあります。
内容
1オリエンテーション
2人類が新たに取り組むべきこと
3ホモ・サピエンスが世界を征服する
人新世(農耕と国家まで)
4ホモ・サピエンスが世界を征服する
人間の輝き
5ホモ・サピエンスが世界に意味を与える
物語の語り手
6ホモ・サピエンスが世界に意味を与える
科学と宗教というおかしな夫婦
7ホモ・サピエンスが世界に意味を与える
現代の契約
8ホモ・サピエンスが世界に意味を与える
人間至上主義革命
9ホモ・サピエンスによる制御が不能になる
研究室の時限爆弾
10ホモ・サピエンスによる制御が不能になる
知能と意識の大いなる分離
11ホモ・サピエンスによる制御が不能になる。
意識の大海
12ホモ・サピエンスによる制御が不能になる
データ教
13各自の考察のプレゼンテーション
14各自の考察のプレゼンテーション
15最終課題の原稿作成と授業アンケート
授業時間外における学習方法 読書と思考 
授業のキーワード テクノロジー 人間至上主義 データ至上主義 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.