タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-理科教育学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60540700 
科目名   理科選修入門セミナー  
担当教員   松浦 執,西田 尚央,鎌田 正裕,平田 昭雄,中西 史  
対象学年   1年   クラス   55  
講義室   C102    開講学期   春学期  
曜日・時限   木2   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程理科選修必修科目 
備考   
ナンバリング   131971 
ねらいと目標 本学での勉学を始めるに当たり、本学の学生として社会・教育界から何を期待されているか理解し、あわせて円滑に大学生活に入っていくために必要な方法を身につける。また、大学での勉学のあり方としては,自ら課題を発見し、自ら考え、自らの言葉で発表するなど、能動的な姿勢が強く求められる。そのために必要となる、グループディスカッションの方法、プレゼンテーション及びレポートの執筆方法などを修得する。  
内容 本学で学ぶことの意味や、大学生活の過ごし方について考えるほか、図書館の使い方や学術情報の検索の方法などを学び、また、社会・教育界の現状を知ることを通して、卒業後の職業・進路選択を意識する。さらに、所属する専攻・選修ごとに演習課題が設定されるので、担当教員の指導を受けながら、文献の読解や、研究成果の発表、受講者相互のディスカッションなどを行っていく。 
テキスト 特に定めないが、必要に応じて提示する。 
参考文献 『学生生活の手引き』、『Study Guide』、『キャリアガイド』、『就職ガイド』、『小学校学習指導要領解説 理科編』  
成績評価方法 授業での発表内容、質問・発言など授業参加への積極性、レポート等で評価する。
 発表内容(評価割合は30%)、質問や発言(評価割合は30%)
 レポート(評価割合は40%) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
「ガイダンスと大学で学ぶことの意義」
2大学での学修のために
「図書館の利用法や学術情報の収集法などを学ぶ」
3東京学芸大学の歴史と使命
「東京学芸大学の歴史から、本学の社会的役割を意識する」
4大学生としての危機管理
「充実した学生生活を送るための危機管理とそのポイント」
5キャリアデザイン
「卒業後の進路の選択を意識した大学生活をデザインする」
6附属小学校の見学事前学習
「附属学校見学を始めるに当たりグループとして見学テーマをまとめる」
7附属小学校の見学
「附属学校見学」
8附属小学校の見学事後討論
「附属学校見学を終えて事前に設定したテーマをまとめる」
9物理への誘い
「物理学の楽しさを理解する」
10化学への誘い
「化学の楽しさを理解する」
11生物学への誘い
「生物学の楽しさを理解する」
12地学への誘い
「地学の楽しさを理解する」
13理科教育学への誘い
「理科教育学の楽しさを理解する」
14各領域の学習の方法とポイント
「各領域で必要なポイントを知る」
15まとめ
「本講義で得られた内容のまとめを行う」
授業時間外における学習方法 グループで取り組み,発表する課題が出るので,メンバー間で調整しながら取り組んでください。 
授業のキーワード 進路 デザイン 自然科学 
受講補足(履修制限等) グループディスカッションを行うので、必ず出席すること。
大学における学びの姿勢を確立することがねらいの一つであるため,遅刻や欠席をすることが無いよう注意すること。
事情がある場合は,授業担当者に事前に連絡をすること。
PCを用いて作業することがあるので、予め使用法を確認しておくこと。
講義の順が変わる可能性がある。
具体的な日程は,ガイダンスで連絡する。 
学生へのメッセージ 大学の学びについて,同じ専攻の学生同士で理解を深める授業です。
卒業までのビジョンが持てるよう,しっかり取り組んで下さい。
スケジュールや内容は,他教室や図書館,附属小学校の都合等により変更する可能性があります。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則的に対面授業を行います。 
その他 教室ごとの日程などについては初回オリエンテーション時にお知らせします。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.