タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-理科教育学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60540600 
科目名   理科教材開発基礎Ⅰ  
担当教員   鎌田 正裕,中西 史,平田 昭雄,松浦 執  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   理実一     開講学期   春学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程理科選修教科・教職(専攻SE、中等教育教員養成課程理科専攻教科・教職(専攻SE 
備考   
ナンバリング   132261 
ねらいと目標 実際に手を動かしながら、小学校や中学校の理科で使う教材について、その開発法、活用法を学ぶ 
内容 ・いくつかの領域の理科教材について、その背景となる基礎的な知識・概念を学ぶとともに、実際に教育現場では、どのような教材が求められているのかを、各自が教材に触れながら考える。
・オムニバス形式で行う
・実習を伴う(学外の実習も含む) 
テキスト 必要に応じて授業時にプリントを配布する。 
参考文献 小中学校の理科の教科書 
成績評価方法 各テーマごとのレポート 40%、 授業絵の取り組み(積極的に授業に参加したか、ディスカッションやプレゼンテーションに加わったか)60% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1本授業のねらいについて (担当:全員)
履修上の諸注意 
2防災学習(1):地域の地理的要因と自然災害発生予測 (担当:平田)
3防災学習(2):当該地域の災害被害アセスメント (担当:平田)
4防災学習(3):防減災行動判断シミュレーション (担当:平田)
5防災学習(4):中等防災教育プログラムの設計(演習) (担当:平田)
6MBSE(1) ものづくり教材(理論と実践)(担当:鎌田)
試行錯誤を生かしたものづくり
7MBSE(2) ものづくり教材(理論と実習) (担当:鎌田)
もののメカニズムに着目したものづくり
8学外実習 科学技術館見学 (担当:鎌田)
9生物教材(1)生物分野の教材開発の基本 (担当:中西)
10生物教材(2)教材開発計画 (担当:中西)
11生物教材(3)教材開発のための基礎研究 (担当:中西)
12生物教材(4)基礎研究の成果発表 (担当:中西)
13プログラミング(1) プログラミング「的思考」 (担当:松浦)
14プログラミング(2) Pythonプログラミング入門 (担当:松浦)
15プログラミング(3) AI (Deep Learning) 入門  (担当:松浦)
授業時間外における学習方法 レポート執筆時には授業時に行ったことをまとめるだけではなく、文献調査などを通して、より広範な知識・技能の習得を目指すこと。 
授業のキーワード グループ学習、ハンズオンアクティビティー、オムニバス 
受講補足(履修制限等) 実験室の上限があるので、人数を制限することがある 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 一部、対面とする(科学技術館実習など)。初回は Zoom を用いるため,前々日の 18 時までに必ず履修登録を済ませ、詳細についてはWebClassで確認すること。
なお,履修登録後でも期間内であれば履修のとりやめは可能。
科学技術館実習は、6月の土日のどこかで1日で行う予定。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.