タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-理科教育学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60300400 
科目名   理科研究  
担当教員   松浦 執,鎌田 正裕,平田 昭雄,中西 史,西田 尚央  
対象学年   3年   クラス   55  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   水1   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程美術選修小教:理科、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:理科、初等教育教員養成課程数学選修小教:理科、初等教育教員養成課程国語選修小教:理科、初等教育教員養成課程社会選修小教:理科、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:理科、初等教育教員養成課程家庭選修小教:理科、初等教育教員養成課程保健体育選修小教:理科、初等教育教員養成課程音楽選修小教:理科、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:理科、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:理科、初等教育教員養成課程英語選修小教:理科、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:理科 
備考   
ナンバリング   133971 
ねらいと目標  小学校の理科の授業を科学的な思考や探究過程を通して主体的に展開するために、観察・実験を実施する上で必要な基本的知識・技能を習得することを目標とする。 
内容  小学校のエネルギー、粒子、生命、地球の各領域で扱う内容に関連する自然科学の事項や注意事項などについて解説する。扱う領域に関しては、2領域以上を扱う。扱うテーマならびにスケジュールは,ガイダンスで具体的に示す。スケジュールは扱う内容に応じて適宜調整する。 
テキスト 特に指定しない 
参考文献 小学校学習指導要領(平成29年告示)解説理科編 文部科学省
東洋館出版 本体111円+税
地学参考書 「地学のススメ」,鎌田浩毅著,講談社ブルーバックス
など、扱う内容に応じて適宜紹介する 
成績評価方法 課題、小テスト等をもとに領域ごとに成績を判定し、総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 初回授業は対面で行います。
集合場所は中央1号館 (旧自然科学1号館) 理科第一実験室 M308 です。
履修の可能性のある人は,初回授業の前々日の 18 時までに必ず履修登録をしてください。
極端に人数が多い場合等,集合場所の変更等,ポータルメッセージで連絡をすることがあります。
履修制限があります。
内容
14/14 オリエンテーション 生命領域における科学的なものの見方・考え方について(多様性と共通性からみた野鳥の教材性)
24/21 生命領域で扱う自然事象1 (学内でよく見かける野鳥の観察)
34/28 生命領域で扱う自然事象2 (たまに見かける野鳥の識別)
45/12 生命領域で扱う自然事象3 (野鳥観察のまとめ)
55/26 地球領域における科学的なものの見方・考え方について(地層を観察する意義,観察方法)
6週末(5/29土 or 30日) 地球領域で扱う自然事象1 (地層の現地調査)
76/ 2 地球領域で扱う自然事象2 (地層の現地調査のまとめ)
86/ 9 エネルギー領域における科学的なものの見方・考え方について (電気の学習の基本 直流回路とテスターの使い方)
96/16 エネルギー領域で扱う自然事象1 (コンデンサとエネルギー変換)
106/23 エネルギー領域で扱う自然事象2 (モーターの作製とその原理)
11週末(各人の都合の良い日) エネルギー・粒子領域で扱う自然事象 (科学館<北の丸公園>での実験体験)
12週末(11回と同日) エネルギー・粒子領域で扱う自然事象 (科学館<北の丸公園>での学びの振り返り)
136/30 粒子領域で扱う自然事象1 (ものの燃え方)
147/ 7 粒子領域で扱う自然事象2 (水の性質 生命領域とのつながり)
157/14 生命領域で扱う自然事象4 (生命の連続性)
授業時間外における学習方法 レポートの作成 
授業のキーワード 野鳥観察、地層調査、電気回路、生命の連続性、顕微鏡観察,科学技術館 
受講補足(履修制限等) 授業はオンラインを基本としますが,対面地層の実地調査等を行うため人数制限(48名まで)を行います。
2年生以下は受講できません。
初回の授業は中央1号館 (旧自然科学1号館) 理科第一実験室 M308で行います。
48名を超えた場合はそこで抽選を行います。
履修を希望する人は,初回授業の前々日の 18 時までに必ず履修登録をしてください。
極端に人数が多い場合等,集合場所の変更等,ポータルメッセージで連絡をすることがあります。
*抽選で外れた場合は,他の授業に遠隔で参加できるよう場所を確保する予定です。 
学生へのメッセージ ・履修希望者は初回の授業には必ず出席してください.
・観察実験などの体験活動が主となるため,遅刻や欠席により安全指導や活動の説明を受けられなかった場合は,以降の活動に参加できなくなる場合があります。
・野鳥観察のために野鳥図鑑の入手(購入)をしてもらいます。初回の授業で説明を受けてから購入等行ってください。
・授業時間外に地質調査(立川市多摩川河床)や科学技術館の見学(北の丸公園)があります。交通費や科学技術館の入館料(http://www.jsf.or.jp/guide/fee/)は各人の負担となります。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式を主としますが,初回のガイダンスや,地質調査,科学館実習など,数回対面形式となります。
履修の可能性のある人は,必ず初回授業の前々日の 18 時までに履修登録をしてください。 
その他 地層の現地調査以外のスケジュールは,変更する場合もあります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.