タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-理科教育学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60102520 
科目名   中等理科教育法Ⅱ  
担当教員   松浦 執  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程理科専攻中学校各教科指導法 
備考  対象:A理科(副免用) 
ナンバリング   123261 
ねらいと目標 学習指導要領に示された中・高等学校理科の目標や内容を理解するとともに基礎的な学習指導理論を理解し、生徒の主体的な学びを実現する具体的な授業場面を想定した授業設計を行う能力を身に付ける。
到達目標:
・個別の学習内容について指導上の留意点を理解している。
・中・高等学校理科の特性に応じた情報機器及び教材の効果的な活用法を理解し、授業設計に活用することができる。
・学習指導案の構成を理解し、年間計画・単元計画,カリキュラムマネジメントの観点に基づき、具体的な授業を想定した授業設計と学習指導案を作成することができる。
・中・高等学校理科における実践研究の動向を知り、授業設計の向上に取り組むことができる。 
内容 中・高等学校理科の学習指導案の構成を理解し、個別の学習内容について指導上の留意点を確認しつつ生徒の認識・思考、学力等の実態や年間計画・単元計画,カリキュラムマネジメントの観点に基づき、具体的な授業を想定した授業設計と学習指導案の作成力の向上をはかる。加えて、中・高等学校理科の特性に応じた情報機器及び教材の効果的な活用法を追求し、授業設計への活用を試みる。スケジュールは扱う内容や受講者の人数に応じて適宜調整する。 
テキスト 中学校学習指導要領(平成29年告示)解説理科編 文部科学省
学校図書 本体108円+税
高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説理科編 文部科学省
東洋館出版 本体418円+税 
参考文献 教科書等、適宜紹介する。 
成績評価方法 学期末の課題 (50%)を基本に、授業時間中の課題他(50%)を参照して総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1本授業の目的と教職課程における本授業の位置づけ
2自然科学の特徴と現代社会における理科教育の役割
3理科における学習理論と指導法
4年間計画・単元計画・カリキュラムマネジメントの実際
5授業評価の観点と授業研究
6中等教育における理科の探究的な学び
7理科における観察実験の指導上の留意事項(安全指導)
8理科におけるICT機器の活用
9学習指導案の作成
10作成した学習指導案の相互評価と改善
11物理領域の模擬授業と協議 ( もしくは授業研究)
12化学領域の模擬授業と協議 ( もしくは授業研究)
13生物領域の模擬授業と協議 ( もしくは授業研究)
14地学領域の模擬授業と協議 ( もしくは授業研究)
15まとめ
授業時間外における学習方法 Teamsの「中等理科教育法Ⅱ」のクラスチームに資料などを掲載していきます。課題は主として予習の予定です。授業時にはグループ活動を行うので、その下準備として予習を行ってください。 
授業のキーワード 主体的、対話的で深い学び。 
受講補足(履修制限等) Microsoft Teamsを用います。アプリから起動してください。スマホでは一部不便な部分がありますので、PCを用いて受講することを前提とします。 
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) Teamsを用いら遠隔ライブ形式です。Teamsを立ち上げ、「中等理科教育法Ⅱ」のクラスチームで、授業時間になったらオンライン会議にログインしてください。 
その他 具体的な授業予定はTeamsに提示します。進行状況などに応じて学修に無理のないように修正していきます。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.