タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-理科教育学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60101900 
科目名   初等生活科教育法  
担当教員   藤田 留三丸  
対象学年   3年   クラス   55  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   火1   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程英語選修小学校各教科指導法、初等教育教員養成課程情報教育選修小学校各教科指導法、初等教育教員養成課程保健体育選修小学校各教科指導法 
備考  対象:A保体/英語/情報 
ナンバリング   122971 
ねらいと目標 ○ 生活科の性格、目標、内容、方法等の原理について理解することができるようにする。
○ 生活科の各内容について、授業構成の仕方、学習計画の立案、評価の方法などの基本を理解することができるようにする。
○ 理解したことをもとに、具体的な授業を構想することができるようにする。 
内容 小学校生活科の意義、目標及び内容について理解を深めるとともに、教材研究、指導法(いずれも情報機器及び教材の活用を含む)、評価の方法について学ぶ。また、それらに基づいて指導案を作成し、それを基に模擬授業を行い、ディスカッションしながら授業づくりについて考えを深める。 
テキスト 文部科学省『小学校学習指導要領解説 生活編』東洋館出版社平成29年7月 定価:本体134円+税  
参考文献 適宜、紹介する。 
成績評価方法 毎回の小レポート50%、作成した指導案及び模擬授業内容50%で総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1生活科の理念と原理
2生活科の目標
3生活科の内容
4気づきの質を高める指導
5他教科との関連(スタートカリキュラムを含む)
6教材研究(情報機器及び教材の活用を含む)
7指導方法と教材の活用(情報機器及び教材の活用を含む)
8指導上の留意点
9学習評価
10低学年児童の理解に基づいた授業設計
11指導案作成(1学年)(情報機器及び教材の活用を含む)
12模擬授業(1学年)の実施と協議
13指導案作成(2学年)(情報機器及び教材の活用を含む)
14模擬授業(2学年)の実施と協議
15総括(本講座をふりかえって)
授業時間外における学習方法 教材研究 制作活動 飼育栽培活動 フィールドワーク 
授業のキーワード 学習指導要領 直接経験 低学年期の児童の思考と行動 学びの様相  
受講補足(履修制限等) 受講生の関心や理解度に応じて毎回のトピックや重点の置き方,および講義順序などを変更する場合がある.
 
学生へのメッセージ 感性と脳を働かせる実践的な授業を目標にしたいと思います。  
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式で原則オンデマンドで実施する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.