タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-数学科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60531000 
科目名   確率・統計Ⅰ  
担当教員   税所 康正  
対象学年   2年   クラス   52  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   月3   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程数学専攻必修科目 
備考  対象:B数学 A数学履修不可 
ナンバリング   132241 
ねらいと目標 本講義はあらゆる分野で重要な役割をはたしている確率・統計の基礎概念の理解といくつかの統計的方法の習得を目的とします。  
内容 1.確率の意味を理解し、事象、条件付確率、独立性などの概念を学ぶ
2.確率変数、確率分布に関連して分布関数、確率密度関数や期待値、分散の概念とそれらの性質を理解する
3.二項分布や正規分布などの代表的な確率分布とそれらの特徴について学ぶ
 
テキスト 「概説 確率統計」第3版 (数学基礎コース)  前園 宜彦著 サイエンス社 本体1500円
ISBN978-4-7819-1433-6 
参考文献 講義中に紹介します。 
成績評価方法 学期末に実施する試験(60%)とレポート(40%)で評価します。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1試行と標本空間
2事象と確率
3条件付確率、事象の独立性
4離散型確率変数
5連続型確率変数
6確率変数の独立性
7期待値
8分散と標準偏差
9離散型確率分布(1) 2項分布
10離散型確率分布(2) ポアソン分布
11連続型確率分布
12大数の法則
13正規分布と中心極限定理
14ド・モアブル-ラプラスの定理と応用
15まとめと期末試験
授業時間外における学習方法 復習をすること。 
授業のキーワード 事象、確率、確率変数、確率分布 
受講補足(履修制限等) 1年生は履修できません。所属などによってクラス分けがありますので注意して下さい。 
学生へのメッセージ 授業終了後には授業内容をノート、教科書で復習しておくこと。 新しい概念、用語が数多く現れるので、その意味をしっかりつかむようにして下さい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式(オンデマンド) 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.