タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-数学科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60530700 
科目名   解析学Ⅰ  
担当教員   山田 陽  
対象学年   2年   クラス   53  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   火1   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程情報教育選修自由選択 
備考  対象:A情報 AB数学2年生は履修不可 
ナンバリング   132241 
ねらいと目標 1年次の微分・積分学の続きとして,級数及び多変数の関数の偏微分法とそれに関連した話題を学ぶ. 
内容 各種の級数の収束条件.関数列の一様収束性.多変数関数の極限と連続.偏導関数とその応用. 
テキスト 占部実・佐々木右左(共編)「微分・積分教科書」, 共立出版 
参考文献 なし 
成績評価方法 提出されたレポートで評価する  
授業スケジュール(展開計画) 1. オリエンテーションと級数
2. 正項級数
3. 交代級数
4. 絶対収束級数
5.関数列
6.関数項級数
7.整級数
8.フーリエ級数
9.平面上の点集合
10.多変数関数の極限と連続
11.偏導関数
12.偏導関数の応用
13.陰関数定理
14.極値問題
15. まとめ  
授業時間外における学習方法 授業内容の理解・定着に先ず必要なのが定義をよく理解することです.
数学では根拠をよく述べることが必要で, 根拠を述べるには定義に戻る必要があります.
定義を理解したらその次に関連する練習問題を理由をできるだけきちんと述べて(ここが肝心!)
解答するように勉強します. 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 下位学年の受講は認めない
AB数学履修不可 
学生へのメッセージ 1年次に学んだ微分積分の知識が必須であるから,受講に際しては十分に復習しておくこと。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式, オンデマンド型. 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.