タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-数学科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60200110 
科目名    事前・事後の指導(A)  
担当教員   清野 辰彦  
対象学年   3年   クラス   54  
講義室   S403    開講学期   春学期  
曜日・時限   木2   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程数学選修教育実習 
備考  対象:A数学 A19-0237~、過年度生 
ナンバリング   123972 
ねらいと目標 教育実習に先立って,授業設計の視点,教材研究の方法,授業観察・分析の方法を身につけるとともに,実習実施後に,授業の設計と実際における課題を把握する。 
内容 事前指導(4~7月)と,事後指導(11月)がある。
事前指導では,授業観察と記録の方法,教材研究の内容と方法,授業設計の内容と方法,研究課題の設定,教育実習の心得等について,事後指導では研究成果の報告と共有,基礎実習のまとめと応用実習への課題等について考える。  
テキスト 『小学校学習指導要領解説(算数編)』(文部科学省)
『中学校・高等学校数学科 授業力を育む教育実習』,学芸大学出版会 
参考文献 授業で連絡する。  
成績評価方法 授業への出席と参加状況,研究課題の設定とその評価に関するレポートを中心に評価する。実習に倣い,原則として遅刻・欠席は認められない。
レポート課題例としては「授業観察について」「教育実習前の課題研究のまとめ」「授業構想と学習指導案」「実習の記録」「教育実習後の課題研究のまとめ」等がある。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1実践研究の意義と目標
2学校教育の諸相
3学校組織の理解
4算数科教材研究の方法
5授業観察の方法と視点
6授業設計の方法Ⅰ
7授業観察
8授業記録の分析
9授業設計の方法Ⅱ
10附属学校オリエンテーション
11実習生活の心得
12研究課題の設定
13事後指導:研究課題の整理
14事後指導:実践研究の報告と検討 (1)
15事後指導:実践研究の報告と検討 (2)
授業時間外における学習方法 授業中に提示する課題を発展的に考察・探究するとともに,レポート課題に計画的に取り組む。  
授業のキーワード アクティブ・ラーニング 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔形式(オンデマンド型とライブ配信型の併用) 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.