タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-数学科
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60102420 
科目名   中等数学科教育法Ⅱ  
担当教員   清野 辰彦  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N103    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火2   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  中等教育教員養成課程数学専攻中学校各教科指導法 
備考  対象:B数学 Ⅰ履修済者 
ナンバリング   122241 
ねらいと目標 1)学習指導要領における中学校数学科の目標や,「数と式」領域の内容並びに指導上の留意点を理解している。
2)数学科の学習評価の考え方を理解している。
3)「数と式」領域の内容を数学的立場,教育的立場から考察し,考察した結果を教材研究に活用することができる。
4)基礎的な学習指導理論を理解し,具体的な授業場面を想定した授業設計を行う方法を身に付ける。 
内容 「数と式」領域の内容に関する研究課題を,毎回,数学的立場および教育的立場から考察し,その指導のあり方を考察していく。また,それぞれの研究課題は,学生によるレポートとそれに関する討議によって理解を深めていく。 
テキスト 『中学校学習指導要領』(平成29年3月告示 文部科学省)
『中学校学習指導要領解説(数学編)』(平成29年6月 文部科学省)
『高等学校学習指導要領』(平成30年3月 文部科学省)
『高等学校学習指導要領解説(数学編,理数編)』(平成30年 文部科学省)
『教科教育学シリーズ03 算数・数学科教育』(一藝社)
『中学校・高等学校数学科 授業力を育む教育実習』(東京学芸大学出版会) 
参考文献 授業で連絡する。 
成績評価方法 討議への参加(20%),レポート(20%),定期試験(60%)によって総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1数学教育の目標とその歴史的変遷,数学科の領域・内容の概観,「数と式」領域のねらい
2整数の性質と数学的活動
3数の集合とその拡張(1):正負の数
4数の集合とその拡張(2):無理数
5数の集合とその拡張(3):複素数
6数学教育の目標からみた文字式指導のねらい
7文字と文字式(1):文字の利用と事象の数理的処理
8文字と文字式(2):生徒の認識とその困難点
9文字と文字式(3):方程式・不等式の学習指導
10「数と式」領域における数学的活動とICTの活用
11数の内容に関する教材研究と学習指導案の作成・検討
12式の内容に関する教材研究と学習指導案の作成・検討
13「数と式」領域における模擬授業の実施とその分析
14「数と式」領域における学習評価
15定期試験及びまとめ
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード アクティブ・ラーニング 
受講補足(履修制限等) 中等数学科教育法Ⅰを履修済みであること。 
学生へのメッセージ ノートまたはルーズリーフを準備し,それに,課題に対する解決過程や数学教育上大切なことを記述・整理し,独自の「数学教育ノート」を作りましょう。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 遠隔方式(オンデマンド型) 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.