タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-社会学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60519900 
科目名   社会学史  
担当教員   巣内 尚子  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程社会選修選択科目A、中等教育教員養成課程社会専攻選択科目A 
備考  奇数年度のみ開講 
ナンバリング   132211 
ねらいと目標 この授業では社会学、とりわけ国際社会学が蓄積してきた理論や分析枠組みを踏まえ、国境を越える社会現象を捉える基礎を身につけることを目指します。 
内容 講義の形で、国際社会学の理論や分析枠組みの系譜を提示する。これを通じ、国境を越える社会現象を分析・議論する際に国際社会学の理論・分析枠組みがどのようにいかせるのかを考える。
 
テキスト 指定しない。 
参考文献 ※講義内容と関係する文献を適宜紹介する。
 
成績評価方法 試験または課題レポートの成績による。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス:社会学と国際社会学
2社会学と人種・エスニシティ研究の系譜①
3社会学と人種・エスニシティ研究の系譜②
4社会学と女性
5社会学と国家
6社会学とグローバリゼーション研究
7社会学と国際移動研究の展開①
8社会学と国際移動研究の展開②
9社会学と国際移動研究の展開③
10社会学と国際移動研究の系譜④
11社会学と国際移動研究の系譜⑤
12社会学と子ども・教育①
13社会学と子ども・教育②
14社会学とレイシズム・排外主義研究
15まとめとふりかえり
授業時間外における学習方法 新聞やテレビの報道を通じ外国人労働者、外国にルーツを持つ子どもたち、排外主義、ヘイトスピーチ、人身取引、難民などの情報に触れる機会をつくってください。IOM(https://www.iom.int/)やUNHCR(https://www.unhcr.org/)、移住者と連帯する全国ネットワーク(https://migrants.jp/)のホームページにも関連情報が掲載されています。 
授業のキーワード 社会学、国際社会学、エスニシティ、人種、ジェンダー、移民・移住者、国境を越える人の移動、レイシズム、排外主義、インターセクショナリティ 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 社会学はこれまで、複雑な社会現象を分析するための様々な理論・分析枠組みを議論してきました。特に国際社会学は、移民、難民、外国人労働者、国境を越える移住現象の女性化、排外主義、レイシズムなどを分析するため、方法論的ナショナリズムから距離を置いた独自の理論・分析枠組みを構築しています。たとえば、多数の外国にルーツを持つ人々が生きる「移民社会」日本とそこで生きる人々について考える際、国際社会学の理論・分析枠組みは一つの視点を提供するでしょう。排外主義が子どものたちの教育・生活の場にも浸透する現代社会の中で、社会学の議論を踏まえ、なにができるのかを共に考えたいです。
 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的にはZoom によるライブ配信授業を行う。 
その他 参考図書:
伊藤るり・足立眞理子編, 2008, ジェンダー研究のフロンティア 第二巻 国際移動と〈連鎖するジェンダー〉 再生産領域のグローバル化, 作品社.
樽本英樹, 2016, よくわかる国際社会学[第2版], ミネルヴァ書房.
髙谷幸(編著), 2019, 移民政策とは何か: 日本の現実から考える, 人文書院.
宮島 喬・佐藤 成基・小ヶ谷 千穂編, 2015, 国際社会学, 有斐閣. 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.