タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-社会学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60301300 
科目名   生活科研究  
担当教員   山口 恵子  
対象学年   3年   クラス   55  
講義室   N103    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水1   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程理科選修小教:生活、初等教育教員養成課程美術選修小教:生活、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程英語選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程国際教育選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程家庭選修小教:生活、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:生活、初等教育教員養成課程保健体育選修小教:生活、初等教育教員養成課程幼児教育選修幼教、初等教育教員養成課程国語選修小教:生活、初等教育教員養成課程社会選修小教:生活、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:生活、初等教育教員養成課程数学選修小教:生活、初等教育教員養成課程音楽選修小教:生活、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:生活、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:生活 
備考  Aコース ※2年生履修不可 
ナンバリング   133974 
ねらいと目標 子どもにとっての具体的な活動や体験の意義を理解し、子どもの自発性や個性を尊重しながら生活科の目標に導いていくための考え方や授業力、カリキュラムデザイン力を高める。 
内容 生活科創設の背景、体験の価値、幼児教育との関連、教科目標と内容、年間指導計画、単元指導計画と学習過程、教材研究と学習活動の工夫、気づきの展開などについて検討していく。 
テキスト とくに用いない。必要に応じて資料を配布する。 
参考文献 ・文部科学省、2017、『小学校学習指導要領解説 生活編』東洋館出版社
・吉田武男監修、片平克弘・唐木清志編集、2018、『初等生活科教育 (MINERVAはじめて学ぶ教科教育) 』ミネルヴァ書房
・北川由紀彦・山口恵子、2019、『社会調査の基礎』放送大学教育振興会
そのほか、授業中に適宜、紹介する。 
成績評価方法 平常点40%(毎回のコメント・課題の提出)、最終レポート60% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業の目的と方法について
2生活科教育の変遷―生活科創設の経緯と背景―
3生活科の目標と意義―生活科の「学び」とは―
4生活科の内容と学習指導について―内容構成と考え方―
5生活科の指導計画―カリキュラム・マネジメントを考える―
6生活科における表現活動と評価
7授業見学
8授業見学から考えるワークショップ①
9授業見学から考えるワークショップ②
10現代社会の環境の変化と子どもの実態について
11生活科教育の実践―公共性を考えるワークショップ①―
12生活科教育の実践―公共性を考えるワークショップ②―
13生活科教育の実践―公共性を考えるワークショップ③―
14生活科教育の実践
15総括―授業の振り返りとまとめ―
授業時間外における学習方法 ・日ごろから新聞やニュースに目を通し、子どもを取り巻く現代社会の生活の現象や問題点について考えること。
・文献等を適宜紹介するので、予習や復習に役立てること。 
授業のキーワード 生活、スタートカリキュラム、体験学習、地域社会 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 意欲的な学習を歓迎します。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的に対面方式ですが、変更の場合もあります。 
その他 授業見学等の日程は未定ですので、授業の順番は適宜入れ替わることがあります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.