タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-法学・政治学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60518600 
科目名   法学政治学演習Ⅱ  
担当教員   赤間 祐介  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   N407    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木5   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程社会選修選択科目A、中等教育教員養成課程社会専攻選択科目A 
備考   
ナンバリング   133192 
ねらいと目標 現代日本政治の基本的な論点と枠組みを理解し、歴史と比較の観点から観察・分析するための素養と能力を養う。 
内容 前半はポスト冷戦期と重なる平成約30年間の日本政治の変容について概観する。後半は先進諸国の選挙と議会の制度について比較検討する。平成=ポスト冷戦期の日本政治が目指したものと結果を評価し、制度変革のプロセスとメカニズムについて考察する。 
テキスト 大嶽秀夫『平成政治史』筑摩書房 2020
中北浩爾『自公政権とは何か』筑摩書房 2019 
参考文献 授業中に指示する 
成績評価方法 出席状況、討議、報告によって総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 初回のガイダンスで参加者と相談のうえ決定する  
授業時間外における学習方法 報告者以外の参加者も各回のテキストを読み、質問・論点のメモを作成すること。 
授業のキーワード 選挙制度、統治構造、政権運営 
受講補足(履修制限等) 3年生以上のみ履修できる。春学期の演習Ⅰの履修は特に条件ではない。 
学生へのメッセージ 今がいかなる時代か、どこに向かうかを考えるには、現代史の知識は必要不可欠です。変転する日々の出来事に目を奪われるのではなく、自分なりの中・長期的な見取り図を描けるように努めてください。歴史は毎日の生活の積み重なった総体であり、現在は歴史が作られていく最先端の断面です。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 原則として対面形式で行います。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.