タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-法学・政治学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60518300 
科目名   政治学B  
担当教員   赤間 祐介  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   S301    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水3   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程社会選修選択科目A、中等教育教員養成課程社会専攻選択科目A 
備考   
ナンバリング   132191 
ねらいと目標 日本政治の基礎的な論点について、制度および政策分野別にトピックを選び、学習する。比較的新しい動向と論点が中心になる。高校の公民分野(政治・経済)とある程度接続した内容・スタイルで行う。 
内容 大学レベルでは新しいタイプの現代日本政治テキストを用い、テーマ志向型の内容とする。基本的にテキストを章ごとに解説し、コメントを加えるやり方で進めるが、独自に内容を補足することもある。 
テキスト 上神貴佳・三浦まり編『日本政治の第一歩』有斐閣 2018
その他、適宜プリントや資料を配付する(Webclass を利用) 
参考文献 授業中に指示する 
成績評価方法 対面方式で行えるのであれば、小レポート(3回程度)と期末試験を1:1の割合で成績評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1現代政治の概観
2日本政治の歴史
3政治家・政党
4官僚
5利益団体
6世論とマスメディア
7立法
8行政
9司法
10選挙
11地方政治
12外交
13防衛・安保
14社会変動と政策
15全体のまとめ
授業時間外における学習方法 テキストおよび参考文献を読み、時事問題との関連を考える。テキストでは政治史的なアプローチには重点が置かれていないので、戦後日本政治の通史は各自読書を通じて学ばれたい。 
授業のキーワード 現代日本 政治と行政 
受講補足(履修制限等) 特になし 
学生へのメッセージ 時間と紙数の制約の中で複雑な現代政治を論じるのは難しいことですが、これを基礎に、各自で関心と理解を深めていってほしい。授業でも授業時間外でも何も学んでいないと思われる学生が試験だけ受けに来るることがあるが、恥ずかしいことです。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 現時点では見通せないが、可能であれば対面方式で行う。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.