タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-法学・政治学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60517200 
科目名   憲法A  
担当教員   田中 美里  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   遠隔   開講学期   春学期  
曜日・時限   木4   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程社会選修選択科目A、中等教育教員養成課程社会専攻選択科目A 
備考  奇数年度のみ開講 
ナンバリング   132191 
ねらいと目標 この授業のねらいは、立憲主義の理念や、日本国憲法に規定されている権利についての理解、考察を深めることにあります。単に、何条には~の権利が規定されている、ということを暗記するのではなく、その背景にある考え方も含めて学び、それについての自らの考えを発展させることを目指します。 
内容 日本国憲法の内容のうち、人権部分を中心に扱います。「日本国憲法」の授業で学んだことをさらに発展させ、実際の社会では、どのような権利がどのような場合に問題となるのか、判例やケーススタディをできる限り多く用いながら、具体的に考えます。 
テキスト 毛利透=小泉良幸=淺野博宣=松本哲治『憲法II 人権〔第2版〕』(有斐閣、2017)2900円+税 
参考文献 長谷部恭男=石川健治=宍戸常寿編『憲法判例百選I』(有斐閣、2019)2300円+税
購入は必須ではなく、授業内で用いる判例は、適宜配布資料にも記載します。
ただ、判例百選には研究者による各判例への解説が載っていますし、重要な判例を相互に関連づけながら一通り把握することができますので、一冊持っておくと、勉強の役にたつでしょう。 
成績評価方法 学期中に提示する2回分のレポートを、各50%として、評価します。
ただし、受講人数が少なく、リアルタイムでの授業が可能な場合には、受講生と相談のうえ、受講生自身による報告を行っていただくことも考えています。この場合は、報告も評価対象としますので、この場合の成績配点は、別途示すことにします。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1「日本国憲法」の復習:立憲主義や民主主義ってどんなものか?
2「日本国憲法」の復習:立憲主義の意義
3基本的人権の保障のその限界
4基本的人権の享有主体
5基本的人権の妥当範囲:特別権力関係や、私人間効力
6幸福追求権①:プライバシー権
7幸福追求権②:自己決定権
8平等①:その意義と「家」制度
9平等②:投票価値の平等
10思想・良心の自由
11信教の自由
12政教分離
13発展的な事例研究をしてみよう①:いくつかの仮想事例を用いて、発展的な考察をします。
14発展的な事例研究をしてみよう②:いくつかの仮想事例を用いて、発展的な考察をします。
15講義全体の総括
授業時間外における学習方法 資料配付の形式で行う場合には、教員が配布した資料をベースに、学習を進めてください。
リアルタイムでの授業の場合には、資料を事前に読み込み、こちらの設問に対しての自らの考えを考えてくることや、報告内容を準備してください。 
授業のキーワード 男女共同参画、ジェンダー、性差別、男女平等、人権教育、福祉 
受講補足(履修制限等) 「日本国憲法」を履修済みであることを想定しており、憲法の理念や権利規定などについての基礎的な知識は習得済みであることが求められます。
また、この授業では、具体的な事例を用いて、どのような解決法が望ましいのかについての自らの考えを形成し、それを他の人との議論の中で、より洗練させていくことを目指しますので、受講生同士の議論などには、ぜひ積極的に参加してください。 
学生へのメッセージ 「日本国憲法」を受講して、憲法の規定内容は、大まかには分かったけれど、その知識がどうも定着していない気がする、結局この知識をどう使って良いのか分からない、そんなモヤモヤがある人は少なくないと思います。この授業では、できる限り皆さんの能動的な学習の機会を確保しながら、「与えられた知識」を「自分の知識」に高めることを目指します。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 受講人数が多い場合には、Webclassにて、講義資料を配付することを中心に授業を進めます。
この場合であっても、コミュニケーションの場を確保するため、希望者を募り、Zoomなどを使って、リアルタイムの質疑応答の場を設ける予定です。

受講人数が少なく、リアルタイムでのオンライン授業が可能である場合(受講人数が30人程度に収まる場合)には、できる限り、リアルタイムでの授業とし、受講生相互の議論の場を設ける予定です。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.