タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-哲学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60515900 
科目名   哲学と宗教  
担当教員   井ノ口 哲也  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   W110    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月3   単位区分   必修,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程社会選修選択科目A、中等教育教員養成課程社会専攻必修科目 
備考   
ナンバリング   131181 
ねらいと目標 過去の知識人のものの考え方や、政治・社会の動きと連動して起こる時代思潮を通じて、「哲学」と「宗教」についての思索を深める。 
内容 今年度は、北宋から清代中期までの中国思想史を講義する。 
テキスト 井ノ口哲也著『入門 中国思想史』(勁草書房、2012年4月、税込価格2,800円+税)。 
参考文献 授業中に、適宜、紹介する。 
成績評価方法 学期末の筆記試験(テキストのみ持込可、70%)と講義中に実施するリアクションペーパーの内容(30%)。
出席情況は、カードリーダーによる読み取り結果を毎回分チェックする。考慮すべき事情のない欠席が講義の回数の3分の1を超えるばあい、単位は与えられない。
リアクションペーパーは予告無く3回実施する。
その他のことは、授業中に指示する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2王安石の政治思想
3道学の人々
4印刷技術の革新
5朱熹の世界観・人間観(1)
6朱熹の世界観・人間観(2)
7宋代の学術・文化・宗教
8元代~明初の思想と宗教
9朱子学の伝播と変容
10王守仁の思想
11陽明学の分裂
12西学・キリスト教の伝入とその展開
13明の遺老
14清朝考証学
15まとめ
授業時間外における学習方法 授業前までに、テキスト中の学習内容を予習してくること。
授業後は、教員が授業中に話したこととテキスト中の学習内容とを合併し、しっかり復習しておくこと。
図書館等で、テキスト巻末に掲載している参考文献を見つけて、学習内容のより深い理解に努めること。 
授業のキーワード 国際交流 
受講補足(履修制限等) 教育支援系の学生の受講は、認めていない。教育支援系の学生は、教育支援系のこれに該当する講義を受講すること。 
学生へのメッセージ 教員になるための、必要な知識を吸収することにのみ汲々とするのではなく、大きな視野のもとで、幅広く教養を身につけていってほしい、と考えています。そうすることにより、自らの内面に豊かなものが備わり、結果的に、人に良い影響を与えられるようになります。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式。 
その他 テキストを読んでいるだけでは、単位の取得は難しいでしょう。テキストの内容をしっかり把握したうえで、毎回の講義をしっかり聴くことが、単位を取得するための近道です。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.