タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-歴史学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60513600 
科目名   東洋史研究  
担当教員   福士 由紀  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   N204    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月2   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程社会選修選択科目A、中等教育教員養成課程社会専攻選択科目A 
備考   
ナンバリング   133171 
ねらいと目標 近現代期の中国における各種の感染症と人びとの対応のあり方を通して、中国社会および人類と感染症との関係について理解を深める 
内容 中国における各種の感染症の流行状況およびその背景、対応のあり様を、近代から現代を射程に検討する 
テキスト 特に指定しない 
参考文献 授業内で適宜指示するが、基本文献としては以下の二点。
飯島渉『感染症の中国史』中公新書、2009年
山本太郎『感染症と文明』岩波新書、2011年 
成績評価方法 期末レポートによって評価する 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2伝統中国社会と感染症
3環境・人口・感染症
4第3次ペスト・パンデミック:1894年香港
5第3次ペスト・パンデミック:海外華人社会、上海
6肺ペストと国際政治:1910~11年満洲
7肺ペストと現地社会:1910~11年満洲
8開港場と感染症:上海のコレラ
9国際衛生事業と中国の公衆衛生
10中国社会と結核問題
11愛国衛生運動
12農村への医療システムの普及
13「疫神を送る」:毛沢東時代の日本住血吸虫症対策
14集団化とハンセン病
15まとめ
授業時間外における学習方法 授業中に紹介された文献には目を通すことを勧める 
授業のキーワード 中国近現代史、感染症、環境、公衆衛生 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 体面形式を予定しているが、状況によっては遠隔形式(ライブ配信)の可能性もある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.