タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-歴史学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60512100 
科目名   日本史演習C-Ⅰ  
担当教員   高松 百香  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   史二図     開講学期   春学期  
曜日・時限   木5   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程社会選修選択科目A、中等教育教員養成課程社会専攻選択科目A 
備考   
ナンバリング   133172 
ねらいと目標 日本古代・中世史の研究をする上で必須の史料である「古文書」を読みます。
古文書学の基礎を学び、文書の読解にチャレンジしましょう。
また、古文書が作成され、残されるに至った歴史的背景にも触れましょう。
受講者は必ず報告を担当することによって、古文書に遺された情報の意味、和風漢文の読み下し方、字句の調べ方、現代語訳、関連文献の集め方、レジュメの作り方、などを学びます。
史料から歴史像を構築していくおもしろさを知り、日本古代・中世史研究の基礎的能力を獲得していきましょう。  
内容 続群書類従完成会『古文書演習 様式と解釈』収載の古代・中世文書をテキストとする。
参加者全員が文書の翻刻をしていることが授業の前提。
各回の担当者が、書き下しと現代語訳、文書様式や時代背景などを、レジュメを作成し詳細に報告する。 
テキスト 柴辻俊六ほか編『古文書演習 様式と解釈』(続群書類従完成会、2003年)
初回授業でコピーを配布する。  
参考文献 児玉幸多編『くずし字用例辞典』(東京堂出版、初版1981年、5800円+税)
:古文書読解を追究したい人には必携。もっとコンパクトで安い類似辞典もあるが、これには及ばない。一度買えば一生ものなので、買うなら早いほうがお得。
佐藤進一『新版 古文書学入門』(法政大学出版局、3300円+税)
:古文書学の名著。古文書演習では使わないところのほうが少ない。旧版が安く古本に出回っているが、修正があるため新版を勧める。
小島道裕『中世の古文書入門』(河出書房新社、2016年、1600円+税)
:古文書の写真がふんだんに使われ、また全編カラーで理解しやすく、楽しい解説がついている入門者向けテキスト。 
成績評価方法 授業への参加態度、担当回時のレジュメやプレゼンテーションの出来栄え、期末レポートを総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
古文書学の基礎的解説 史料の配布 担当の割り振り 
2古文書読解にあたっての基礎的調査方法
図書館での調べ方、ネット検索の使い方のレクチャー レジュメの作成方法
3担当者による報告1
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
4担当者による報告2
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
5担当者による報告3
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
6担当者による報告4
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
7担当者による報告5
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
8担当者による報告6
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
9担当者による報告7
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
10担当者による報告8
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
11担当者による報告9
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
12担当者による報告10
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
13担当者による報告11
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
14担当者による報告12
『古文書演習』の担当文書をレジュメを用意して報告
15まとめと振り返り レポート提出
授業時間外における学習方法 当日あつかう古文書を、報告担当者だけでなく、すべての受講者が翻刻して参加すること。わからない言葉や文法などをまとめ、質問を考えておくこと。
担当者はレジュメを準備し、的確なプレゼンテーションができるように用意すること。 
授業のキーワード 日本古代史 日本中世史 古文書 文書 古文書学 
受講補足(履修制限等) 日本古代史・中世史で卒論を書く学生は、必ず受講すること。
演習形式での授業となるため、履修者が大幅に超過する場合は、履修制限をする場合がある。
秋学期に開講される「古記録」の演習、「日本史演習C-Ⅱ」と併せて履修することが望ましい。  
学生へのメッセージ 史料は第1回授業時に配布する。
第1回でガイダンスと史料の分担を決めるため、
また第2回で読解のための調査方法やレジュメの作り方についてレクチャーするため、
受講希望者は必ず第1・2回目の授業に出席すること。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 感染症の状況によるが、対面形式を予定している。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.