タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-歴史学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60511700 
科目名   歴史学基礎演習A  
担当教員   綱川 歩美  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   C102    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程社会選修選択科目A、中等教育教員養成課程社会専攻選択科目A 
備考   
ナンバリング   132172 
ねらいと目標 近世史研究および歴史教育の基礎となる史料の読み方や、文脈を正確に理解する力をつける。
近世の古文書や版本を題材に、江戸時代のくずし字や表現・用法を修得する。 
内容 江戸時代の古文書、出版物などを読み、史料の背景や書物の内容を考察・吟味する。 
テキスト 毎回史料のコピーをデータで配布する。
史料はこちらで用意するが、古文書を読むためのの字典は各自入手のこと。
ただし、現在入手困難な可能性もあるので、初回授業のときには入手していなくても可。その後の対応を検討する。
根岸茂夫他編『新編古文書解読字典』柏書房、1993年。
児玉幸多編『くずし字会読字典普及版』東京堂出版、1993年。
児玉幸多編『くずし字用例辞典普及版』東京堂出版、1993年。
若尾俊平他編『近世古文書解読字典』柏書房、1972年。
 
参考文献
日本歴史学会編『概説古文書学 近世編』 吉川弘文館、1989年。
歴史科学協議会編『歴史をよむ』東京大学出版会、2004年。
ほかに、毎回の授業に応じて紹介する。 
成績評価方法 毎回の出席を含む平常点(50%)試験(50%)
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
古文書を読むためのツールの紹介。
2村や町の文書(1)
近世の村方の文書(借金証文や人別送り状、御用留)などを取り上げる。
3村や町の文書(2)
近世の村方の文書(借金証文や人別送り状、御用留)などを取り上げる。
4村や町の文書(3)
近世の村方の文書(借金証文や人別送り状、御用留)などを取り上げる。
5村や町の文書(4)
近世の村方の文書(借金証文や人別送り状、御用留)などを取り上げる。
6村や町の文書(5)
近世町方の行政や生活に関わる文書(町触)を取り上げる。
7村や町の文書(6)
近世町方の行政や生活に関わる文書(町触)を取り上げる。
8武家の文書(1)
武家社会で生成された文書(藩庁日誌や藩の法令)について取り上げる。
9武家の文書(2)
武家社会で生成された文書(藩庁日誌や藩の法令)について取り上げる。
10武家の文書(3)
武家社会で生成された文書(藩庁日誌や藩の法令)について取り上げる。
11出版物の文字-かな文字(1)
近世に出版された書物のうち平仮名のくずし文を取り上げる。
12出版物の文字-かな文字(2)
近世に出版された書物のうち平仮名のくずし文を取り上げる。
13出版物の文字-かな文字(3)
近世に出版された書物のうち平仮名のくずし文を取り上げる。
14出版物の文字-近世漢文
近世に出版された書物のうち訓点付の漢文を取り上げる。
15全体を総括した上で、60分間の試験を行う。
授業時間外における学習方法 数多くの古文書に触れ、多くの文字を見ることが読解スキル上昇の要点。予習と復習は必ずしっかりすること。史料中の分からない語句の意味は調べておくこと。
 
授業のキーワード 近世 古文書 くずし字 出版物 
受講補足(履修制限等) 演習形式で行い毎回出席を取る。史料を順番に読み上げて解読してもらう。語句の意味について適宜質問するのでで国語辞典も用意しておくこと。
 
学生へのメッセージ 「古文書は第二外国語のようなもの」という先達のことばのように、やはり繰り返して字書を引き、時間をかけて慣れることが上達のコツである。字書を引くことを厭わず、積極的な姿勢で授業に参加すること。
 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式で行う。ただし、感染予防の観点から人数が一定数を超過した場合は、オンラインに変更することもある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.