タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-地理学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60514600 
科目名   地誌学研究  
担当教員   牛垣 雄矢  
対象学年   3年   クラス   51  
講義室   N401    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火3   単位区分   選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程社会選修選択科目A、中等教育教員養成課程社会専攻選択科目A 
備考   
ナンバリング   133161 
ねらいと目標 地誌学は,地域を構成する様々な要素の関係性から総合的に地域的特徴を考察する学問であり,系統地理学における研究成果を収斂させる側面をもつ。本授業では,多様な要素が複雑に絡んで形成されている大都市東京および東京大都市圏を中心に,様々な側面から地域をとらえ分析するための視点や方法を学び,地域を総合的に理解する能力を修得することを目的とする。これらにより学校教育における地誌学習の充実を目指す。 
内容 上記の学習目標を達成するために,大都市東京を,交通,人口・社会特性,オフィス機能,製造業・ものづくり,商業などの側面から講義をする。その中で,地誌学・地理学に関する多くの論文を取り上げ,具体的な研究の視点・方法・内容について学ぶ。基本的にスライドプロジェクタを使用し,多くの地図,図,表,写真を用いて説明をする。スライドで使用した図表は適宜プリントとして配布する。 
テキスト 教科書は使用しない。 
参考文献 日本地誌研究所編『日本地誌 第7巻 東京都』二宮書店,1967年発行。
菅野峰明・佐野充・谷内達編『日本の地誌5 首都圏Ⅰ』朝倉書店,2009年発行。
上野和彦・小俣利男編『東京をまなぶ』古今書院,2020年発行。
その他,授業中に指示する。 
成績評価方法 基本的には最終テスト100%。
ただし別途課題を課す場合はこれも評価の対象とする。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1地域の総合的科学としての地誌学
2東京における鉄道網の発達と都市の変化
3都市内部構造論の概念と人口分布パターン
4東京における人口分布パターンと社会空間構造
5地誌学・地理学におけるオフィス集積論の概念
6東京におけるオフィス集積と都市空間構造
7商業立地論の概念と東京における商業地の階層構造
8地理学における商業地のとらえ方
9商業地の発達と特徴①新宿・渋谷・池袋
10商業地の発達と特徴②原宿・秋葉原
11東京における商業地理学的研究の視点と方法①2010年以前の論文より
12東京における商業地理学的研究の視点と方法②2010年以降の論文より
13東京を対象としたその他の地理学研究の視点と方法
14地誌学研究の視点・方法に関する整理
15学習理解度の確認
授業時間外における学習方法 課題レポート作成に向けての時間外学習については,授業中に指示する。 
授業のキーワード 地誌学,地理学,研究,論文,地域,商業地,都市,東京 
受講補足(履修制限等) 受講希望者数が教室の収容定員を越える場合のみ,履修制限をする場合がある。 
学生へのメッセージ この授業では地理学を中心に多くの学術論文を使用する。これより地誌学・地理学研究の見方や方法を学んでもらいたい。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面式とするが,新型コロナウイルス感染症拡大の状況により,授業の実施方法を変更する可能性がある。授業に関する説明は,適宜ポータルサイトかWebclassで説明をする。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.