タイトル「2021年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2021年度 教育学部シラバス-地理学
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   60514200 
科目名   地理学基礎演習Ⅰ  
担当教員   牛垣 雄矢  
対象学年   2年   クラス   51  
講義室   N207    開講学期   春学期  
曜日・時限   木4   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程社会選修選択科目A、中等教育教員養成課程社会専攻選択科目A 
備考  地理学基礎演習Ⅱを履修すること。 
ナンバリング   132162 
ねらいと目標 地理学における調査・研究の基本的な流れを理解し,地理学研究を行うための基礎力を修得することを目的とする。 
内容 地理学研究の基本的な流れを理解するとともに,地理学研究を行う際に必要となる資料の収集・分析の方法,ソフトウェアの操作の方法,プレゼンテーションの方法を,演習形式で学ぶ。 
テキスト 教科書は指定しない。 
参考文献 野間晴雄・香川貴志・土平 博・山田周二・河角龍典・小原丈明(2017)『ジオ・パルNEO 第2版 地理学・地域調査便利帖』海青社。
梶田真・仁平尊明・加藤政洋編(2007)『地域調査ことはじめ―あるく・みる・かく―』ナカニシヤ出版。 
成績評価方法 授業における積極性(20%),課題とプレゼンテーションの内容(80%)にて評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション,地理学の学習・研究を進めるに当たっての留意点,関心のある地理的事象の確認
2地理学における地域のとらえ方(臨地研究の候補地を事例に)
3地理学研究を進めるための文献・資料(地誌書,論文,地名事典,専門書,ネット,新聞等)の使い方
4地図の種類(地形図,住宅地図,白図,都市地図等)の使い方と縮尺・空間スケールの概念
5地形図の読解と作業(市街地,扇状地)
6簡易GIS(地理院地図,統計GIS,今昔マップ)の活用
7研究の流れと既存研究の意味
8地理学研究で使用する統計データによる表・グラフの作成とエクセルの基本操作
9簡易GISソフトMANDARAの使い方とジオコーディングの方法
10MANDARAによる主題図の作成
11地理学研究の成果発表に向けたプレゼンテーションの方法
12プレゼンテーションに向けての準備
13プレゼンテーション グループA
14プレゼンテーション グループB
15プレゼンテーション グループC
授業時間外における学習方法 授業時間内に完成しなかった課題は,授業時間外の学習とし,期日までに提出する。 
授業のキーワード 地理学,地域調査,文献,地図,地形図,統計,GIS,プレゼンテーション
 
受講補足(履修制限等) A類・B類社会科の地理学分野に所属する2年生を主な対象とする。地理学分野以外の学生が受講を希望する場合は,担当教員から許可を得ること。希望者が多い場合は,受講を認めない場合もある。 
学生へのメッセージ 地理学分野の学生にとっては,地理学研究の基礎を学ぶ重要な授業です。課題は多いですが,積極的に取り組んでほしいと思います。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.